• ホーム
  • 音楽
  • 前山田健一氏、『魔法つかいプリキュア!』主題歌に初参加

前山田健一氏、『魔法つかいプリキュア!』主題歌に初参加

 ABC・テレビ朝日系で放送中のアニメ『魔法つかいプリキュア!』(毎週日曜 前8:30)の主題歌が7月3日の放送回から変わることが7日、明らかになった。オープニング(OP)テーマは前期主題歌の歌詞を後期のストーリーに合わせて一新。前期と同じく森雪之丞氏の作詞による「Dokkin◇魔法つかいプリキュア! Part2」(歌:北川理恵)に。エンディング(ED)テーマ曲は、現在の「CUREUP↑RA▽PA☆PA!〜ほほえみになる魔法〜」(▽=ハートマーク)から、プリキュア作品初参加のヒャダインこと前山田健一氏が作曲&サウンドプロデュースを担当する「魔法アラ・ドーモ!」に変わる。

 プリキュアシリーズ第13作目の今作は「魔法つかい」が明るく楽しく大活躍。ナシマホウ界(人間界)と魔法界という異なる世界の2人が偶然出会い、奇跡の魔法で伝説の魔法つかいプリキュア(キュアミラクル、キュアマジカル)に変身。世界を闇に包もうとする悪に立ち向かう物語が展開中。

 森氏は「前期は、異なる世界に育ったみらいとリコが、互いの違いをすてきだと認めあうことがひとつのテーマでした。後期には成長したはーちゃんが加わりますので、甘え上手なのに突然すごく強い(!)はーちゃんへの驚きや、3人になったからこそ挑戦できる夢があることなどを、新しいテーマとして盛り込みました。前期は魔法で犬をしゃべらせて『ワンだフル』でしたが、今回は猫をしゃべらせます」とコメント。「さて、いったい猫は何と言うのでしょうか?」。

 一方、新たに本作の主題歌クリエイター陣に参加することになった前山田氏は、数多くの人気アーティストの作詞、作曲、編曲を手がける言わずと知れたヒットメーカー。HOUSE、POPS、ROCK、R&Bからアイドルポップスまで多様なジャンルを独自の視点で作品に昇華させている。アニメ作品の曲も少なくないが、プリキュアの曲を担当するのは初めて。

 プリキュアシリーズのエンディングテーマは、プリキュアがダンスをするフルCG映像がお約束。前山田氏は「プリキュアが持つ、理屈では説明ができない『陽』の力を意識しました。日曜の朝、テレビの前のお友達が一緒に歌いたくなるような、運動会や文化祭でまねしたくなるような楽曲を目指しました」。

 歌唱は、プリキュア声優の高橋李依(キュアミラクル)、堀江由衣(キュアマジカル)、早見沙織(キュアフェリーチェ)の3人。プリキュアの3人が、元気にキュートに歌い上げる。「早見さんは、うっとりとするような流麗さの中にチャーミングが潜む不思議な歌声でした。高橋さんは、これぞプリキュア!元気が300%詰まったような太陽の歌声。そして、堀江さん。かわいい!かわいい!ずっとかわいい!こちらが変な声が出るくらいのカワイイ歌声でした」と太鼓判を押している。

 新OP&ED曲は8月10日発売予定。



関連写真

  • ABC・テレビ朝日系『魔法使いプリキュア!』7月3日放送回から主題歌が変わります(C)ABC・東映アニメーション
  • ABC・テレビ朝日系『魔法使いプリキュア!』後期主題歌を手がけるOP曲・森雪之丞氏(左)、ED曲・前山田健一氏(右)

オリコントピックス