• ホーム
  • 芸能
  • 高島礼子・宮崎美子・高畑淳子、熟女トリオが事件を解決 連ドラ化

高島礼子・宮崎美子・高畑淳子、熟女トリオが事件を解決 連ドラ化

 女優の高島礼子宮崎美子高畑淳子の共演で、警察署内で働く“刑事ではない”3人の女性たちが“井戸端捜査会議”を繰り広げながら真犯人を暴く――テレビ朝日系『土曜ワイド劇場』で昨年12月に放送された『女たちの特捜最前線〜警察食堂極秘会議』が7月期の木曜ミステリー枠(毎週木曜 後8:00)で連続ドラマ化されることが6日、わかった。

 高島は総務課、宮崎は広報課、高畑は食堂調理員として日々の職務を遂行しながら、好奇心という名の覗き見趣味で結束。うわさ好きで地獄耳の彼女たちが、警察署内でゲットした極秘捜査情報を持ち寄って、“女だらけの井戸端おしゃべり捜査会議”を開き、オンナならではの視点から事件の謎を解いていく。

 これまでキャリア女性を演じることが多かった高島が、“総務課のおばさん”を演じるのも見どころの一つ。なぜなら高島は「かつて3年ほど会社勤めをしていましたが、総務部総務課だった」といい、OL経験を遺憾なく発揮してくれるに違いない。「今回は等身大に近い感じで、無理せず自然に演じていきたいですね。若い後輩を叱るシーンでは、当時の先輩のことを思い出して本気で怒れると思います(笑)。そんな会社勤めの貴重な経験をぜひ生かしたい」と意気込んでいる。

 宮崎は「世の女性たちはふだんテレビを見ながら多々ツッコミを入れていると思うのですが、その雰囲気が画面から出せたら面白い! 言いたいことを言いあって、“おばさんたちだけど活きのいいドラマ”になれば…。テレビの前の皆さんにもたくさんツッコミを入れながら見ていただけたらうれしいです」。

 高畑は「オンナって、基本的に人の話を聞いていないでしょう(笑)。実際、世のオバサンたちって皆、われを忘れてしゃべっていますよね。今回は、あのエネルギッシュさをもっと出して、“この3人って私たちそのものだわ”と思われるような、自分勝手な女子トークをお見せしたいですね。男性たちには少々鬱陶しいかもしれないですが(笑)、“オンナって元気だなぁ”とうらやましがられるようなお芝居をしていきたい」と話している。

 ほかに、渡辺いっけい相島一之、飯田基祐、冨家規政、増澤ノゾム、近野成美杉浦琴乃泉川実穂の出演が決定している。



関連写真

  • 7月期のテレビ朝日系木曜ミステリー枠は『女たちの特捜最前線』を放送。総務課・高島礼子(中央)×広報課・宮崎美子(左)×食堂調理員・高畑淳子(右)が競演(C)テレビ朝日
  • 2015年12月、『土曜ワイド劇場』で放送された場面写真

オリコントピックス