• ホーム
  • 音楽
  • 鮮烈デビューの欅坂46、次作は8・10初主演連ドラ主題歌

鮮烈デビューの欅坂46、次作は8・10初主演連ドラ主題歌

 乃木坂46の後輩グループで4月6日にデビューした欅坂46が、8月10日に2ndシングル(タイトル未定)をリリースすることが決定した。表題曲は、7月からスタートする欅坂46初主演ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』(毎週土曜 深0:20 テレビ東京系)の主題歌になることもあわせて発表された。

 メンバーが総出演する同ドラマは、総合プロデューサー秋元康氏の企画・原案によるコメディー&学園ミステリー。私立欅学園3年C組の教室を舞台に、しばらくの間、担任教師の徳山大五郎の“死体”と過ごすことになったイマドキの女子高生たちの、一見自分勝手で残酷な行動、その裏に秘めた素顔を描く。

 デビュー曲「サイレントマジョリティー」は、女性アーティストのデビューシングルの初週売上でオリコン歴代1位の記録を塗り替え、26万1580枚をセールス。ミュージックビデオのYouTubeの再生回数は、新人としては異例の1500万回を超す鮮烈なデビューを飾っており、注目の2ndシングルとなる。



関連写真

  • 欅坂46の2ndシングルはメンバー総出演の連ドラ主題歌
  • 7月スタートのテレビ東京系ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』(毎週土曜 深0:20)ロゴ

オリコントピックス