• ホーム
  • 音楽
  • NGT48、新潟市長を表敬訪問 地元全面協力の総選挙へ気持ち新た

NGT48、新潟市長を表敬訪問 地元全面協力の総選挙へ気持ち新た

 AKB48の姉妹グループ・NGT48が6日、新潟で開催される『第8回AKB48選抜総選挙』(18日開票、HARD OFF ECOスタジアム新潟)を前に、新潟市役所を表敬訪問。篠田昭市長を中心にメンバーが手を合わせ、地元開催の総選挙の成功を誓い合った。

【写真】その他の写真を見る


 市役所にはNGT48劇場支配人の今村悦朗氏、メンバーの小熊倫実、中村歩加、水澤彩佳が訪問。多くの職員や市民が集まった正面玄関で歓迎を受け、篠田市長、木村勇一副市長と面談した。今村支配人が総選挙開催に向けた市の協力に対して感謝を伝えたほか、新潟市南区のPR大使としても活動する水澤が、「白根大凧合戦」のパレードで市長と一緒になった話などで盛り上がった。

 その後行われた記者会見では、篠田市長が総選挙に向け、県外からの来訪者へのおもてなし施策、新潟の魅力発信施策を発表。これに対して今村支配人は「こういった形で、地元に全面協力していただいている総選挙はこれまでなかったこと。48グループとして大変感謝しています。その分、身が引き締まる思いです。必ず、新潟開催を成功させなければならないと思っています」と気持ちを新たにした。

 新潟市出身のメンバー3人も「生まれも育ちも新潟なので、この機会に新潟に恩返しができれば」(小熊)、「新潟県民、新潟市民の皆さんに、NGT48はもちろん、AKB48グループのことを少しでも知ってほしい」(中村)、「新潟にはおいしい食べ物がたくさんありますので、いっぱい食べて、いいお思い出にして帰っていただきたい」(水澤)と、それぞれ地元開催の総選挙への思いを語った。

 NGT48は「今回の新潟市の取り組みや盛り上がりを一過性のものにするのではなく、今後も継続していき、地元密着・地元貢献を活動テーマに、県や市、地元企業の皆様と歩んでまいります」と決意表明している。



関連写真

  • 篠田昭新潟市長(中央)と総選挙成功を誓い合ったNGT48(C)AKS
  • 篠田昭市長、木村勇一副市長と面談(C)AKS
  • 新潟開催の総選挙に向け篠田昭市長とともに記者会見したNGT48(C)AKS
  • 新潟開催の総選挙に向け記者会見したNGT48の中村歩加(C)AKS
  • 新潟開催の総選挙に向け記者会見したNGT48の小熊倫実(C)AKS
  • 新潟開催の総選挙に向け記者会見したNGT48の水澤彩佳(C)AKS
  • 新潟開催の総選挙に向け記者会見したNGT48の今村悦朗劇場支配人(C)AKS

オリコントピックス