• ホーム
  • 芸能
  • 横澤夏子、TBS連ドラ初出演 武井咲の先輩役に「壮大なドッキリではないかと…」

横澤夏子、TBS連ドラ初出演 武井咲の先輩役に「壮大なドッキリではないかと…」

 お笑い芸人の横澤夏子が、7月スタートのTBS系連続ドラマ『せいせいするほど愛している』(毎週火曜 後10:00)で同局連ドラ初レギュラーを務めることが6日、わかった。武井咲演じる主人公・栗原未亜と同じ広報部で働く先輩社員・佐伯香澄に起用された横澤は「最初オファーを頂いた時は、壮大なドッキリにかかっているのではないかと思いました」と驚きを隠せない様子でコメントしている。

 現在、“あるあるモノマネ”など独特な芸風でブレイク中の横澤。当初はオファーを疑いながらも「武井さんはすごく気さくで、同世代の友達みたいにお話してくれますし、滝沢(秀明)さんは毎回ときめきをくださいますし、本当に撮影が楽しくて」と感激。「このドラマの撮影の日は『幸せの日』って呼んでいます」と喜びをかみしめている。

 小学館『プチコミック』に連載されていた、北川みゆき氏の同名漫画を実写化。主人公のOL・未亜と、既婚者の副社長・三好海里との禁断の関係を“せいせいするほど”ひたむきに、純粋に描く恋愛ドラマを展開。三好海里に滝沢のほか、中村蒼水沢エレナトリンドル玲奈中村隼人などが出演する。

 このほど新たに発表されたキャストとして、未亜の上司で部下に厳しく「何事も結果がすべて」の成果主義者の部長・向井雅代に神野三鈴、未亜と海里の会社の社長で海里の叔父にあたる三好嘉次を松平健が演じる。嘉次は海里の隠された過去を知るがゆえに、道ならぬ恋に突き進んでいく2人の最大の敵となる役どころだ。

 横澤と同じく同局連ドラだけではなく、ラブストーリーのドラマ出演自体が初めてだという松平は「私の演じる三好嘉次は社長として、甥の海里を後継者に育てなければならない責任ある立場。そういった重い役割を背負う中で、2人の純粋でひたむきな恋愛にどのように関わっていくのか。皆さん、どうぞご注目ください!」と呼びかけている。

 海里を演じる滝沢と嘉次を演じる松平は、2005年の大河ドラマ『義経』で源義経(滝沢)と武蔵坊弁慶(松平健)を演じて以来、11年ぶりの共演となる。



オリコントピックス