• ホーム
  • スポーツ
  • 元ラグビー代表・大西将太郎氏が吉本入り お笑い業にも意欲的

元ラグビー代表・大西将太郎氏が吉本入り お笑い業にも意欲的

 今年2月に現役を引退した元ラグビー日本代表の大西将太郎氏(37)が、よしもとクリエイティブ・エージェンシーとマネジメント締結したことが6日、わかった。同日、東京・ルミネtheよしもとの舞台で発表され、今後は同事務所のスポーツプロジェクト「ふるさとアスリート」などで活動していく。

【写真】その他の写真を見る


 イベント後の囲み取材で大西氏は、同事務所所属の元プロ野球選手・斎藤隆氏の紹介が、吉本入りのきっかけと明かし「僕も関西人で大阪生まれ。吉本は僕のアモーレなのでうれしかったです」と“旬”なネタで喜びを表現。

 大西氏は、よしもとが定期的に実施している新喜劇とラグビーのコラボ公演『よしもとラグビー新喜劇』への出演も決定。今後も「ラグビー界を盛り上げる」という姿勢は崩さずに「キャラを固めていきたい」とお笑い業への意欲も語った。

 囲み取材にはそのほかラグビー経験者のブラックマヨネーズ小杉竜一スリムクラブ真栄田賢も出席。小杉は“レジェンド”が事務所の後輩となるが「どっかのタイミングで『将太郎』って呼んだろうと想ってます」と含み笑みを浮かべ、真栄田も「きょうの打ち上げから『将ちゃん』って呼びます」と先輩風を吹かせていた。

 ラグビー界で「レジェンド」「花園の申し子」の愛称で親しまれた大西氏は大阪府出身。啓光学園高校時代に花園に出場し全国高校大会準優勝を経験し、高校日本代表にも選出された。その後、同志社大学時代でも、関西リーグ連覇に貢献し、全国大学選手権でも活躍。大学卒業後はワールドに入社し、トップリーグ初年度から参加し、その後はヤマハ発動機、近鉄、豊田自動織機に在籍。今年2月に現役引退し、現在は同志社大学のバックスコーチを務めている。



関連写真

  • よしもとクリエイティブ・エージェンシーとマネジメント契約を締結した元ラグビー選手・大西将太郎氏 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)ブラックマヨネーズの小杉竜一、大西将太郎氏、スリムクラブの真栄田賢 (C)ORICON NewS inc.
  • 『よしもとラグビー新喜劇』に出演した(左から)ブラックマヨネーズの小杉竜一、大西将太郎氏、スリムクラブの真栄田賢 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス