• ホーム
  • 芸能
  • タイムトラベルSFの異色作『12モンキーズ』シーズン2日本上陸

タイムトラベルSFの異色作『12モンキーズ』シーズン2日本上陸

 配信サービス「Hulu」できょう4日からテレビシリーズ『12モンキーズ』のシーズン2が配信開始された。1995年に公開され、当時、“異色のSF映画”として話題を呼んだテリー・ギリアム監督の映画『12モンキーズ』を、映画とは異なるオリジナルの展開と結末で描き直したテレビシリーズ。2015年1月に米国で放送が始まってから、多くの視聴者の支持を集めている。

【写真】その他の写真を見る


 映画は、クリス・マルケルの短編映画『ラ・ジュテ』(62年)を基にした時空SFの異色作。1996年に発生した謎のウィルスにより、全人類の約99パーセントは死滅。2035年、地下に住んでいた人間たちはその原因を探るため、一人の囚人を過去へと送り出す。糸口はたったひとつ、“12モンキーズ”という謎の言葉のみ。しかし、主人公コールが送られたのは事件が起きる6年前、1990年。彼はそこで精神病院に入れられてしまい、謎の男ジェフリーに出会う。

 未来・現在・過去が錯綜(さくそう)するストーリーをさまざまなビジュアル・イメージとエキゾチックな音楽で彩り、アクションでもホラーでもない革新的な作品として注目を集めた。ブレイク前のブラッド・ピッドが出演していた作品としても知られる。

 映画から約20年を経て製作されたテレビシリーズは、2043年、謎の軍隊“12モンキーズ”が仕掛けたウィルスによって、人類の99%が滅ぼされた地球を舞台に、人類の未来のため、過去に戻って、歴史を白紙に戻そうとする物語。タイムマシーンを作り出した科学者ジョーン博士は、主人公コールに全てが始まったと推測される2016年にタイムスリップすることを命じられる。手がかりはただひとつ、“12モンキーズ”という正体不明の組織。シーズン1では、コールたちに思いもよらない事態が降りかかり、衝撃的な終わりを迎えた。

 シーズン2では、予想外のパラドックスで、コールは未来の2043年に帰還できないでいた。人類滅亡の鍵を握る人物の消息がつかめずにいる一方、2043年の世界ではタイムマシーンを作り出したジョーン博士の身に危険が迫る。タイムリミットは刻一刻とせまり余談を許さない。コールは人類滅亡の危機を阻止できるのか。そして12モンキーズの正体を突き止めることはできるのか。

 『12モンキーズ』シーズン2(全13話)は4日の第1話配信以降、毎週土曜日に1話ずつ追加予定。



関連写真

  • 「Hulu」で人気の海外ドラマ『12モンキーズ』シーズン2、6月4日より配信スタート(C)2016 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved.
  • アーロン・スタンフォード、エミリー・ハンプシャーほかが出演(C)2016 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved.
  • (C)2016 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved.
  • 「Hulu」で人気の海外ドラマ『12モンキーズ』シーズン2、6月4日より配信スタート(C)2016 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved.
  • 「Hulu」で人気の海外ドラマ『12モンキーズ』シーズン2、6月4日より配信スタート(C)2016 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved.

オリコントピックス