• ホーム
  • 映画
  • 綾瀬はるか、3億円ティアラ戴冠に興奮「輝きに重みがある」

綾瀬はるか、3億円ティアラ戴冠に興奮「輝きに重みがある」

 女優の綾瀬はるかが4日、都内で行われた映画『高台家の人々』初日舞台あいさつに登壇。同作で妄想好きの女子という役どころを演じた綾瀬だが、劇中の妄想シーンで“お姫様”になりきっていたことにちなみ、「3億円相当のティアラ」が用意されると「やっぱり、輝きに重みがありますね」と興奮気味に語った。

【写真】その他の写真を見る


 その後、共演者の斎藤工から頭上に同ティアラを戴冠してもらった綾瀬は「工くんの手の緊張が、頭に伝わってきています」とにっこり。3億円の重みをずっしりと感じていたようだが「重みで前髪が押されていたので、きのう髪切ったばかりなのに前髪伸びるの早いなーって思っちゃいました」と独特の表現で笑わせた。

 綾瀬の魅力のひとつである“天然っぷり”も健在で、冒頭のあいさつで「みなさん、朝も早よから、“ご来店”くださりましてありがとうございます」とコメント。司会を務めるフジテレビの笠井信輔アナウンサーから「ご来場じゃない?」とツッコまれると、恥ずかしそうに「あっ、ご来場です!」と訂正していた。

 同作は、『ごくせん』『デカワンコ』などで知られる森本梢子氏の同名漫画を実写化。口下手で不器用な“妄想好き”の女子・平野木絵(綾瀬)と人の心が読める“テレパス”能力を持つイケメンエリート・高台光正(斎藤)によるラブコメディーとなっている。

 舞台あいさつにはそのほか、水原希子間宮祥太朗大地真央市村正親土方政人監督も登壇した。



関連写真

  • 3億円のティアラを戴冠した綾瀬はるか (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)斎藤工、綾瀬はるか、(後列左から)間宮祥太朗、大地真央、市村正親、水原希子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『高台家の人々』初日舞台あいさつに出席した斎藤工 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『高台家の人々』初日舞台あいさつに出席した間宮祥太朗 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『高台家の人々』初日舞台あいさつに出席した水原希子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『高台家の人々』初日舞台あいさつに出席した市村正親 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『高台家の人々』初日舞台あいさつに出席した大地真央 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『高台家の人々』初日舞台あいさつに出席した土方政人監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 斎藤工が綾瀬はるかに3億円のティアラを戴冠=映画『高台家の人々』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス