• ホーム
  • 芸能
  • 8.6秒バズーカー「ラッスン以外で笑わせる」 東京進出後初単独ライブに意欲

8.6秒バズーカー「ラッスン以外で笑わせる」 東京進出後初単独ライブに意欲

 先月より拠点を大阪から東京に移した、お笑いコンビの8.6秒バズーカーが東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで、単独ライブ『8.7SecBAZOOKAA』を開催することがわかった。東京進出後初となる単独ライブに、田中シングルは「コツコツと新ネタを作り続けていたので、『8.6秒バズーカー、くそつまんねえ』と言っている方にもぜひ見に来ていただきたいです!」と意欲を見せた。

 昨年、リズムネタ「ラッスンゴレライ」で注目を集め、流行語大賞にもノミネートされるなど、一躍ブレイクした同コンビだが、先月30日に行われた花火イベントの会見では「世の中にパッと打ち上がって、そして闇にスッと消えていく…花火には、親近感があります」とコンビの現状を自虐。それでも、田中は「花火も一発だけじゃない。僕たちも一発屋ではなく、1万5000発いきます」と再ブレイクへの意欲をにじませていた。

 昨年の大阪・東京公演に続く“3回目の単独ライブ”を前に、はまやねんは「去年は忙しさ、緊張、寝不足のせいかあまり記憶にないので、今回は僕の記憶の中に残したいと思います!」とコメント。リズムネタを中心に漫才やコントなど、盛りだくさんの内容となっているが「前回を超える単独ライブにして、僕自身も楽しんで、お客さんも笑顔になって帰っていただきたいです!」とマイペースを貫いた。

 一方、田中は「初めてラッスンゴレライを披露した時は『斬新!』『アメイジング!』と称賛されましたが、しばらくすると『ラッスンゴレライしか、できねえのか?』と言われるようになり、世の中の流れの速さに戸惑いました」と率直な感想を吐露。「今回は、ラッスンゴレライ以外でも笑わせます!楽しませます!音楽・照明・映像・演出にまで細部までこだわって、スーパーエンターテインメントパフォーマンスショーにしたいです」と意気込んでいる。

 同ライブは、8月19日に開催される。



オリコントピックス