• ホーム
  • 映画
  • 4週連続『ハリポタ』祭り開始 新シリーズとの共通点は?

4週連続『ハリポタ』祭り開始 新シリーズとの共通点は?

 日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)で「4週連続ハリー・ポッター祭り」が始まるきょう3日、シリーズの5年ぶりの新作にして、原作者J.K.ローリング氏が描く新たな魔法の物語『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)の新画像が解禁された。主人公で魔法使いのニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の姿を捉えている。

 新作は、ローリング氏が初めて映画の脚本を書くためにペンを取った渾身の一作。シリーズ4作で監督を務めたデイビッド・イェーツ氏とのタッグとあって、これまでの世界観を正当に受け継いだ新シリーズの完成が、世界中で待ち望まれている。

 ハリー・ポッターらが通っていたホグワーツ魔法魔術学校をある理由で退学になってしまったニュートは、誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者。世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。

 世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいるが、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったとき、ひょんなことから自分のトランクが普通の人間のトランクと入れ替わってしまう。トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に。そこで出会う仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートの新しい冒険が始まる。

 すでに公開されている本作の予告編では、魔法のトランクを“人間(マグル)用”に切り替えると、中にはファンならおなじみの色合いのマフラーが映り、ニュートがホグワーツ魔法学校のどの寮の生徒だったかわかるようになっている。

 天馬の一種で死を見たことのある者だけに見えるセストラルやドラゴン、不死鳥など、ニュートが魔法のトランクに詰め込んでいる魔法動物は、「4週連続ハリー・ポッター祭り」で放送される作品の中にも登場しており、共通点を探せばより楽しめるかもしれない。



タグ

オリコントピックス