• ホーム
  • 芸能
  • 玉置浩二、退院後2週間で復帰 入院中の絶食で「5キロやせた」

玉置浩二、退院後2週間で復帰 入院中の絶食で「5キロやせた」

 憩室炎のため、先月3日から活動を休止していた歌手の玉置浩二(57)が2日、東京・Bunkamuraオーチャードホールで行われたコンサート『KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -21st CENTURY RENAISSANCE-』で、活動再開を果たした。玉置は「絶食していたので、体重が5キロやせました。僕には、自慢できるのは歌うことしかないから、それができないのは残念でした」と24日間におよぶ入院生活を振り返った。

 玉置は先月3日、以前から患っていた大腸憩室に細菌性の炎症(憩室炎)を起こし、入院していたことを公式サイトで発表。その後、体調は快方へと向かい、同月20日深夜には妻でタレントの青田典子(48)がブログで「玉置が退院しました!!早速、コンサートに向けてリハーサルの準備です♪」と報告していた。

 退院後、わずか2週間での復活について「入院中はほとんど動けなかったから、肺の力とかも落ちていた。これは万全にしないといけないと思って、そこから1週間、地獄のトレーニングでした」と回想。会場に詰めかけた約2000人のファンが見守る中、見事に16曲を歌い上げたが「ファンの方の思いには、歌で応えるしかない。生きている限りは、二本の足で立って歌っていたい」と“生涯現役”を誓った。

 今回の入院を受けて、生活習慣の見直しを図ったようで「お酒の飲み過ぎも良くないみたいなので、これで一生断つことにしました」と、現在“禁酒生活”を送っていることを報告。「奥さんも一緒にやめてくれました。人生に“一生”って言葉はないのかもしれませんが、お酒は飲まないと固く誓っています」と言葉に力を込めていた。



関連写真

  • 入院中に5キロ痩せたと明かした玉置浩二 (C)ORICON NewS inc.
  • 渋谷で行われたコンサート後、マスコミの取材に対応した玉置浩二 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス