• ホーム
  • 芸能
  • 中島裕翔主演『HOPE』ヒロインは山本美月 恋愛要素なしのお仕事ドラマ

中島裕翔主演『HOPE』ヒロインは山本美月 恋愛要素なしのお仕事ドラマ

 アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔が主演するフジテレビ系ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』(7月スタート、毎週日曜 後9:00)の出演者が同局から発表された。遠藤憲一、瀬戸康史、ジャニーズWESTの桐山照史、山内圭哉、そして、山本美月がゴールデンタイムの連続ドラマで初ヒロインを務める。

 囲碁のプロ棋士の夢に挫折し総合商社で働くこととなった主人公・一ノ瀬歩が、「高卒」「コネ」と言われながらも、ひたむきに仕事に向き合い、成長していく姿を描く。恋愛要素は無く、イジメやセクハラ、社内不正、非正規社員問題といった実際に会社が抱えるマイナス面にも斬り込んでいく、ヒューマンドラマ。主人公を取り巻く職場の上司や先輩、同僚たちも重要な役割を担っていく。

 山本が演じる香月あかねは、一ノ瀬と同期の新入社員。才色兼備であるがゆえに、男性からセクハラ、パワハラを受け、男性社会での闘い方を必死に見つけようとする。「男性キャストの方ばかりで、女性キャストの方が少なくて寂しいのですが(笑)、ドラマの役とは違って皆さんすごく優しくて、楽しい現場です」という点は山本も強調しておきたいところ。「男性社会で働く女性に共感してもらえるように、私も頑張ります。ハマリ役だと思っていただけたらうれしい」と意気込んでいる。

 遠藤は、主人公が配属された営業3課の課長・織田勇仁。コワモテながら、部下にとっては太陽のような理想の上司を演じる。瀬戸が演じる桐明真司と、桐山が演じる人見将吾は、一ノ瀬の同期。桐明はプライドが高く上昇志向が強いエリート、人見はお調子者で愛想が良いムードメーカーだ。山内は優秀なのに会社から評価されないお人好しな先輩、安芸公介を演じる。



オリコントピックス