• ホーム
  • 映画
  • ジョディ・フォスター、“合歓の広場”に手形設置 ハリウッド女優&監督として初

ジョディ・フォスター、“合歓の広場”に手形設置 ハリウッド女優&監督として初

 女優のジョディ・フォスター(53)が2日、都内で行われた監督作『マネーモンスター』(10日公開)の試写会イベントに出席。先月、『ウォーク・オブ・フェイム』に名前が刻まれて殿堂入りを果たしたばかりだが、日本でもスターの象徴とされる東京・日比谷シャンテ「合歓(ねむ)の広場」に名前と手形が刻まれることになり、舞台上で手形作りを行った。

【写真】その他の写真を見る


 著名人の手形モニュメントで有名な同所には、三船敏郎、勝新太郎、菅原文太、美空ひばり、ジャッキー・チェン、トム・クルーズら国内外の名俳優や、ドラえもんの手形が飾られており、フォスターはハリウッド女優・監督としては初めて設置されることになった。

 ウォーク・オブ・フェイムでは、女優ではなく監督として名前を刻まれることにこだわっていたといい、「待ったかいがあった」と感慨深げ。合歓の広場に設置される手形を見て、「ハリウッドの女性監督として初めてなのはうれしい」と喜んでいた。

 同作は、拳銃を手にした男による財テク番組占拠事件の行方と、その裏に隠された驚がくの真実を描くサスペンス。ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが共演している。

 フォスターの手形は、7月より設置予定。



関連写真

  • 日比谷シャンテ「合歓の広場」に名前&手形が刻まれることになったジョディ・フォスター (C)ORICON NewS inc.
  • 手形作りの様子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『マネーモンスター』試写会イベントに出席したジョディ・フォスター (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス