• ホーム
  • 芸能
  • クロちゃん救出企画の中止を番組謝罪 『水曜日のダウンタウン』

クロちゃん救出企画の中止を番組謝罪 『水曜日のダウンタウン』

 TBS系バラエティー『水曜日のダウンタウン』(毎週水曜 後9:57)が5月31日、お笑いトリオ・安田大サーカスクロちゃんを救出する企画の中止を番組公式ツイッターで発表。ネットユーザーの混乱を招いたことを謝罪した。

 企画は『クロちゃん、どこかに閉じ込められてもTwitterさえあれば助けてもらえる説』と題し、マンションの一室にを閉じ込められたクロちゃんを彼のツイートだけを手がかりにネットユーザーが探しだすというもの。

 同日の午後5時頃から、閉じ込められた部屋の間取りや電車が通過する音など、周囲の様子を報告するツイートが連投され、ネットユーザーも企画に次々と情報を寄せた。ところが同日中にクロちゃんが救出されることはなく、居場所についてデマも飛び交ったことから「住民に迷惑をかけるな」などネット上で批判が噴出。

 これを受け番組公式アカウントは「開始以来数多くの誤情報により、関係のない一般の方にご迷惑をおかけする事態が発生しております。この状況を重く受け止め、この時点をもって企画を中止・終了させて頂きます」と発表。「ご迷惑をおかけした皆様、並びに企画にご参加頂いた方々に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 その後企画中止を知り、結果的に“救出”される形となったクロちゃんは「ということで、スタッフさんから説明あって部屋から出る事になりました!」と報告。「探して頂いた皆さん、本当にありがとうございました!」とツイートした。



オリコントピックス