• ホーム
  • 映画
  • ディズニー映画『ズートピア』V4達成で50億円突破

ディズニー映画『ズートピア』V4達成で50億円突破

 ディズニーの長編アニメーション『ズートピア』が、5月28・29日の土日2日間で動員32万4549人、興行収入4億3867万1300円をあげ、全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)4週連続1位を獲得した。公開6週目にして興収50億円、動員400万人を突破し、ますます勢いづいている。

 ちなみに同ランキング2位には、28日に公開初日を迎えた八田鮎子氏の人気コミックを二階堂ふみ、山崎健人主演で実写化した『オオカミ少女と黒王子』が初登場。2日間で動員19万2506人、興収2億3362万6300円を上げているが、『ズートピア』の“独走ぶり”は歴然。

 5月29日時点での累計は興収53億2975万5500円、動員412万4504人となり、興収65億円の突破も見えてきた。この勢いは全世界興収にも大きく貢献しており、ディズニーアニメーション史上、『トイ・ストーリー3』と『アナと雪の女王』しか成し遂げていない“10億ドル”突破も目前となっている。



オリコントピックス