• ホーム
  • 音楽
  • 桐谷健太、日本ダービーで国歌独唱 13万人を前に「最高の気分」

桐谷健太、日本ダービーで国歌独唱 13万人を前に「最高の気分」

 俳優の桐谷健太が29日、東京競馬場で開催された『第83回日本ダービー』のオープニングセレモニーで、13万人の観衆を前に国歌独唱を行った。

 桐谷扮するCMキャラクター浦島太郎にちなみ、「浦ちゃ〜ん!」のかけ声が飛び交うなか、独特の“ため”を効かせたワイルドな歌声を響かせると、右手を高々と突き上げて大歓声に応えた。

 13万人の競馬ファンを前に歌い終えた桐谷は「興奮はしましたが、緊張はしませんでした。思いっきり歌えて最高の気分でした」と晴れやかな表情。ダービー馬券は「もちろん買いました」といい、「当たりました。でもトータルはプラスになりませんでした」と笑顔で答えた。

 インタビュー途中に一般来場者が、桐谷が歌うau三太郎シリーズのCMソング「海の声」のフレーズを歌い始め、そのまま大合唱に。これに呼応して桐谷も即興で「海の声」をアカペラで熱唱し、競馬場を大いに盛り上げた。



オリコントピックス