• ホーム
  • 芸能
  • 『教師びんびん物語』の野村宏伸が勘違い人生をテレビ初告白

『教師びんびん物語』の野村宏伸が勘違い人生をテレビ初告白

 俳優の野村宏伸が、6月6日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』3時間スペシャル(後7:00〜9:48※一部地域で放送時間が異なる)に、番組初の“俳優しくじり先生”として教壇に立つことがわかった。1988年に放送されたドラマ『教師びんびん物語』(フジテレビ)でブレイクして一躍人気俳優となったものの、いつの間にかテレビから消えていた。そこにどんなしくじりがあったのか、テレビ番組で初告白する。

【写真】その他の写真を見る


 野村は18歳の時、角川映画の俳優オーディションに応募。2万3000人の中から選ばれ、1984年公開の映画『メイン・テーマ』で薬師丸ひろ子の相手役として華々しくデビュー。85年には日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『教師びんびん物語』で田原俊彦が演じた徳川龍之介と、野村が演じた榎本英樹は、2人にとって最大の当たり役とも言われた。

 しかし、その後、野村への出演オファーは激減。生活のために、一時はアルバイトまでしていたことを明かす。どん底に転落してしまった原因は“勘違い”。野村は「一度成功したら、一生安泰と勘違いしていた」といい、勘違いによってすべてを失っていった経過をたどっていく。

 負け組に転落した野村だが、ある出会いが再浮上するきっかけとなったといい、自戒を込めて、目標に向かって努力している人々に熱いメッセージを送る。

 同3時間スペシャルには、夫婦漫才コンビ、かつみ・さゆりも登壇。“おバカすぎて借金返済に追われ続ける番組初の夫婦先生”として、“ダメ夫婦になって一生借金に追われないための授業”を行う。



関連写真

  • 俳優の野村宏伸が6月6日放送、テレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』3時間スペシャルに出演。仕事が激減した“しくじり”をテレビ初告白(C)テレビ朝日
  • 野村先生の授業風景(C)テレビ朝日
  • 6月6日放送、テレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』3時間スペシャルに出演する夫婦漫才コンビのかつみ・さゆり(C)テレビ朝日
  • 6月6日放送、テレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』3時間スペシャルに出演する夫婦漫才コンビのかつみ・さゆり(C)テレビ朝日

オリコントピックス