• ホーム
  • 芸能
  • 林家たい平、師匠・こん平の復帰宣言でマラソン決意

林家たい平、師匠・こん平の復帰宣言でマラソン決意

 今夏放送される日本テレビ系『24時間テレビ39 愛は地球を救う』のチャリティーマラソンランナーに決定した落語家の林家たい平(51)が29日、同局『笑点』(毎週日曜 後5:30)放送後に行われた記者会見に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 発表を終えた心境を問われ、たい平は「責任重大でありますし、日本中の皆さんが年に一度楽しみにして、勇気をもらっている番組で声をかけていただいたことは大変、光栄であるとともに僕に務まるかという気持ちがまだまだあります」と真剣な表情で吐露。

 番組内ではマラソン挑戦について、自分を育ててくれた『笑点』、同番組の司会を引退した桂歌丸(79)、そして難病と闘う師匠・林家こん平(73)、3者への感謝を伝えたかったと明かしていた。

 「今年の正月、師匠が僕に向かってすごくハッキリとした声で『高座に復帰するから、今年は』と。それが元日からずっと僕の中にあった。そこに何か弟子として出来ることを考えたら、僕も頑張る姿を師匠に見せたいと思った」とオファーを快諾するまでを赤裸々に語った。

 現在のコンディションは「入門した時が54キロ。それよりも今は20キロも増えた。今が人生で最高体重です」。坂本雄次トレーナーのサポートを受け、本番まで3ヶ月のトレーニングに励む。

 たい平の起用理由について、同局の田中宏史プロデューサーは「今年の24時間テレビのテーマである『愛〜これが私の生きる道〜』を表現するにあたり、『愛』を最も表現でき、また感じている方に、今年は走って頂きたいと思いました」と明かす。「『笑点』という国民的番組の51年目のスタートという節目の年で、林家こん平師匠との師弟『愛』、笑点メンバーとの仲間『愛』、24時間テレビのランナーを通して、視聴者に方々に伝え、『笑い』と『愛』を届けて頂きたくオファーさせて頂きました」としている。

 今年の『24時間テレビ』は「愛〜これが私の生きる道〜」がテーマ。人気グループ・NEWSが2009年以来、2度目となるパーソナリティーを務める。



関連写真

  • 『24時間テレビ』マラソンランナーに決定した林家たい平 (C)ORICON NewS inc.
  • 『24時間テレビ39 愛は地球を救う』

オリコントピックス