• ホーム
  • 芸能
  • 泰葉、弟の三平『笑点』加入に喜び「名誉であり光栄」

泰葉、弟の三平『笑点』加入に喜び「名誉であり光栄」

 シンガー・ソングライターでタレントの泰葉(55)が29日夜、自身のブログを更新。同日、弟で落語家の林家三平(45)が日本テレビ系演芸番組『笑点』(毎週日曜 後5:30)大喜利の新メンバーとして加入することが発表されたことを受け、喜びを爆発させた。

 「万歳!」のエントリーで泰葉は「弟、二代林家三平が笑点メンバーにさせていただきました! 大変な名誉であり光栄な事でございます」と感謝。「みなさまもどうぞご贔屓の程よろしくお願いします」と呼びかけ「私も負けずに頑張るぞーーーーーーーー!!」と気合を入れた。

 この日、『笑点』の新メンバー発表時に黒の着物で登場した三平。6代目司会者に就任した春風亭昇太(56)から「新メンバーのごあいさつどうぞ」と振られると、やや緊張気味に「笑点のえらーい人から、きょうまでしゃべっちゃだめだよーってずっと言われて頑張って、我慢してきました。だから、うちの嫁(国分)佐智子も知りません。よろしくお願いします。三平です!」と元気にあいさつ。

 また、初参加となる大喜利のコーナーでは“司会者にキャッチフレーズをつける”という場面で「姉が『独身チビ野郎』と言ってました」と、泰葉が春風亭小朝(61)と離婚時にブログで小朝をののしった「金髪豚野郎」を引き合いに出し、座布団を全部持って行かれるネタも披露し笑いを誘った。

 林家三平(本名:海老名泰助/えびなたいすけ)は、東京・台東区根岸出身。「昭和の爆笑王」初代林家三平の次男で祖父は七代目林家正蔵。中央大学国際経済学科入学後、1990年に林家いっ平として落語家の修業に入り、1993年に二ッ目昇進、2002年9月下席より真打昇進、2009年3月下席より・二代目・林家三平を襲名した。落語家として活動するほか、TBS『水戸黄門』八兵衛役や舞台などでも活躍する。



オリコントピックス