• ホーム
  • 芸能
  • 小松菜奈、クランクアップに感激 サプライズ訪問の間宮祥太朗は「ただただ、いい人」

小松菜奈、クランクアップに感激 サプライズ訪問の間宮祥太朗は「ただただ、いい人」

 映画と連動したオリジナルドラマを多数制作・独占配信している「dTV」で、6月4日公開の映画『高台家の人々』(主演:綾瀬はるか)と連動した最新作が登場。森本梢子氏の漫画原作で、映画では描かれなかった高台家の新たな恋の物語を女優・小松菜奈と俳優・間宮祥太朗のダブル主演でドラマ化する。人の心が読める“テレパス”の能力を持つエリート会社員・高台光正(斎藤工)の両親、高台茂正Jr.(通称マサオ/市村正親)と由布子(大地真央)の恋物語だ。

【写真】その他の写真を見る


 映画の舞台から30年前、若き日の旧姓・深丸由布子を演じる小松が先日、都内某所でクランクアップ。この日は、クライマックスの重要なシーンが撮影された。ちょっとした表情の変化でマサオに対する思いに気づく由布子の心情を丁寧に演じた小松は「オールアップです」というかけ声を聞いて、一瞬驚いた表情をした後、安心したようなニッコリ。

 そこへ突然、先にクランクアップしていたマサオ役の間宮が登場。間宮が来ることをまったく知らされていなかった小松は、プレゼントを受け取りながらとても感激し「今回初めて共演させていただいて、最初はどんな人なのかなと思っていたんですけど、実はすごく明るくフレンドリーな方でした。私がお芝居でテンパっていても『大丈夫だよ』と言ってくださって、とても優しかったです。ただただ、いい人でした」と絶賛。それを聞いていた間宮は「ただただいい人ってことは、要するに“ただのいい人”ってこと?」とすかさずツッコミを入れていた。

 改めて小松は「現場で皆さんのお芝居を見て、『このシーンの時にはこういう表情するんだ』と、とても勉強になった現場で、最後は少し、納得できる由布子が演じられたんじゃないかな」と充実の表情を浮かべていた。

 dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」は6月配信予定。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 小松菜奈(左)のクランクアップにサプライズ登場した間宮祥太朗(右)
  • 撮影現場に潜入 (C)ORICON NewS inc.
  • 綾瀬はるか主演の映画版と同じ土方政人監督が演出 (C)ORICON NewS inc.
  • dTVオリジナルドラマ『高台家の人々』(左から)土方政人監督、小松菜奈、間宮祥太朗

オリコントピックス