• ホーム
  • 芸能
  • 関根勤、心臓の異常は「寝耳に水」だった

関根勤、心臓の異常は「寝耳に水」だった

 今月2日に心臓疾患の手術を受けていたことが明らかになったタレントの関根勤(62)が28日、MBS・TBS系『サタデープラス』(毎週土曜 前8:00)に生出演。番組では、心臓の異常発覚から手術、術後に至るまでの30日間を完全密着。関根は「寝耳に水だった」と発覚当時の心境を語った。

 4月4日に同番組の企画で、小堺一機と関根の2人が「心臓ドック」を受診。この検査の結果、関根の心臓の血管“冠動脈”が詰まっている疑いが見つかった。診察したドクターは「2〜3年以内に心筋梗塞で倒れていた可能性があった」と明かす。

 関根は「まさか自分が、という感じ。あのまま放っておけば舞台上で突然、バタッと倒れたかも。怖いです」と真剣な表情で回想。「前兆、予兆がないからピンとこなかった。酒も飲まないし、タバコも吸わない。運動はしてる。もう寝耳に水っていうんですかね。顔面蒼白になりましたよね」と、すぐ近くまで迫っていた病魔に驚きを隠せない様子だ。

 「家族も『大丈夫?』って。ちょっとドキドキした」といい、手術前には「これで妻も娘も孫もいなかったらガチガチでしたよ。大きいですね、家族の支えって」としみじみ語っていた。

 番組では、関根の事例をベースにしながら心筋梗塞の怖さ、サイン、対処法などを紹介。関根は「皆さんの参考にしていただけたら」との思いで今回の経験を詳報し「検診が改めて大切だなと思いましたね。皆さん是非、検診に行ってください。早期発見が最高です」と呼びかけた。

 5月2日に緊急手術が行われ、無事終了。手術は、メスを入れるのも2〜3ミリで、所要時間も2時間程度。翌日には退院し、その日の夕方にはラジオで仕事復帰を果たしていた。生活習慣も改め、現在は「元気」と関根。「次の目標は“ひ孫”を見ることです」と力強く話していた。



オリコントピックス