• ホーム
  • 芸能
  • 中村隼人、民放ドラマ初レギュラー出演 武井咲主演『せいせいするほど、愛してる』

中村隼人、民放ドラマ初レギュラー出演 武井咲主演『せいせいするほど、愛してる』

 歌舞伎俳優の中村隼人が、7月スタートのTBS系連続ドラマ『せいせいするほど、愛してる』(毎週火曜 後10:00)で民放ドラマのレギュラーに初出演することが、わかった。武井咲演じるヒロインの栗原未亜が恋に落ちる副社長・三好海里(滝沢秀明)の後輩・久野淳志役に起用された。

 小学館『プチコミック』に連載されていた、北川みゆき氏の同名漫画を実写化。主人公のOL・未亜と、既婚者の副社長の禁断の関係を“せいせいするほど”ひたむきに、純粋に描く恋愛ドラマを展開する。

 中村は二代目中村錦之助の長男として生まれ、2002年2月歌舞伎座『菅原伝授手習鑑寺子屋』にて松王丸一子小太郎役で初舞台。07年には、国立劇場『堀部彌兵衛』のさち役で、国立劇場特別賞を受賞している。現在、世界的な人気漫画『ONE PIECE』と歌舞伎がコラボレーションした、スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』にサンジ・イナズマ役で出演も果たすなど、人気急上昇の若手歌舞伎役者だ。

 そんな中村が演じる久野は、海里の大学時代の後輩であり、証券マンにして新進気鋭の小説家。未亜のルームメイトで水沢エレナ演じる編集者・真咲あかりを通じ、トリンドル玲奈演じる美山千明と特別な関係となっていく…という人物。どのように恋模様を引っかき回すのか注目だ。



オリコントピックス