• ホーム
  • 映画
  • クドカン、TOKIO長瀬の魅力は顔芸「カッコいいこと忘れてしまう」

クドカン、TOKIO長瀬の魅力は顔芸「カッコいいこと忘れてしまう」

 脚本家の宮藤官九郎が29日、都内で行われた映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』トークイベントに登場。同作で監督・脚本を手がけた宮藤は、主人公・赤鬼にTOKIO長瀬智也をキャスティングした理由について「長瀬くんがやるのが、大前提でした。彼の面白さを引き出そうとすると、人間じゃないくらいまでいかないとダメかなって思って、それで赤鬼だと思いました」と明かした。

 同作は、地獄農業高校軽音楽部顧問で地獄専属ロックバンド地獄図(ヘルズ)のボーカル&ギターの赤鬼・キラーK(長瀬)とともに、大助(神木隆之介)が片思いするクラスメイトに会いたい一心で現世への生還を目指す物語。

 役者・長瀬の魅力を聞かれた宮藤は「ストレートに“顔芸”ですかね」とにっこり。これまで、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』や『うぬぼれ刑事』などでタッグを組んできた間柄であるだけに「長瀬くんと仕事しすぎて、カッコいいってことを忘れてしまう。それで、この(赤鬼の)格好でライブシーンを撮った時に『あぁ、この人カッコいいんだ』って久しぶりに思い出しました」と笑わせた。

 客席からの質問に答えるコーナーで、“モノづくりの魅力”を聞かれた際には「(スタッフに)台本を読んでもらったり、構想を話した時に『何言っているの?』ってポカーンとされることが多い」と話し「それを、時間をかけて共有していく過程が面白いですね」としみじみ語っていた。

 イベントにはそのほか、同作の美術担当・桑島十和子氏、小泉博康氏も登場。6月25日に公開される。



オリコントピックス