• ホーム
  • 芸能
  • 新井浩文、夏帆との交際報道に自虐「浅野さんじゃないです」

新井浩文、夏帆との交際報道に自虐「浅野さんじゃないです」

 俳優の新井浩文(37)が29日、都内で行われた映画『葛城事件』(6月18日公開)完成披露舞台あいさつに登壇。12日発売の写真誌『FRIDAY』で女優・夏帆(24)との真剣交際が報じられて以降、初の公の場となったが、作品にちなみ“最近起こった事件”について質問されると「そうですね、そば屋で浅野(忠信)さんに間違われたことですかね。浅野さんじゃないです」と自虐で笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 同誌では、5月の母の日に夏帆の母親と3人で東京・世田谷にあるそば屋を訪れた様子が紹介されており、親公認の熱愛であると報道。誌面上で夏帆の傍らに「母親だけでなく、ボサボサ頭のヒゲ面男」と紹介されたことから、熱愛が情報番組で取り上げられた際、新井は自身のツイッターを更新し「ボサボサ頭のヒゲ面男、ミヤネ屋でたん?」と詳細には触れずに言及していた。

 この日、観客から温かい拍手を受け、主演の三浦友和からも「そうだ、そうだ…」と祝福される中、新井は「そうですね、ウチの性格上言っちゃうからいいんですけど、できれば『葛城事件』っていう見出しにしてから書いてほしいんですけど…」と前置きした上で報道に言及。同誌で、そば屋の店員から「浅野忠信さんですよね?」と間違われたと伝えられていたことに触れ「厳密に言っておきますけど、お母さまが『違うわよねー』って言ったことになっていますけど、自分で『違います、浅野さんの後輩です』って言っていますからね」と訂正した。

 三浦は「アンタ、すげーな」と新井の“潔さ”を絶賛しつつ「どうして、間違われたの? 似てないよねー」とにっこり。同席した南果歩が「もう『そうです』って言っちゃえば良かったのに…」と悪ノリすると、新井は「いやいや、それだとまた浅野先輩に悪いじゃないですか…」と照れ笑いを浮かべていた。

 同作は、普通の家族が無差別殺傷事件を起こした死刑囚を生み出してしまった原因に迫る人間ドラマ。抑圧的に家族を支配する父親がきっかけで、普通に見えていた一家が崩壊していく過程が描かれている。新井は、リストラを機に孤立していく長男・保を演じる。

 舞台あいさつにはそのほか、若葉竜也田中麗奈赤堀雅秋監督も登壇した。



関連写真

  • 夏帆との交際報道に自虐で笑わせた新井浩文 (C)ORICON NewS inc.
  • 新井浩文を祝福した三浦友和 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)赤堀雅秋監督、若葉竜也、南果歩、三浦友和、新井浩文、田中麗奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『葛城事件』の完成披露舞台あいさつに登壇した田中麗奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『葛城事件』の完成披露舞台あいさつに登壇した南果歩 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『葛城事件』の完成披露舞台あいさつに登壇した若葉竜也 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『葛城事件』の完成披露舞台あいさつに登壇した赤堀雅秋監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス