• ホーム
  • 映画
  • 山崎賢人、菜々緒の強烈ビンタは「痛気持ちよかった」

山崎賢人、菜々緒の強烈ビンタは「痛気持ちよかった」

 俳優の山崎賢人(21)が28日、都内で行われた映画『オオカミ少女と黒王子』初日舞台あいさつに出席。劇中で姉を演じた菜々緒(27)から強烈なビンタを受けたシーンについて「痛気持ちよかったです。お芝居でビンタをされたのが初めてなので、菜々緒さんでよかった」とうれしそうに振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 菜々緒は「お芝居でビンタしたのは初めて…」と言ったところで、司会から「お芝居では?」と追及され、「あー、ミスした」と苦笑。本番前には「役者さんの顔をビンタするのは私でも気が引けるので、マネージャーさんで練習して本番に臨んだけれど、賢人くんには2回ビンタしちゃった。ごめんね」と申し訳なさそうだったが、「菜々緒さんのビンタは貴重」と、山崎が喜んでいる言葉を聞いて安心していた。

 同作は、八田鮎子氏の少女漫画を実写化。恋愛経験もないのに恋人がいるとうそをついた女子高生が、学園一のイケメン同級生に恋人のフリをしてもらう代わりに、彼の下僕になることを命じられたことから始まる関係を描く。

 そのほか、二階堂ふみ(21)、鈴木伸之(23)、門脇麦(23)、池田エライザ(20)、玉城ティナ(18)、吉沢亮(22)、廣木隆一監督(62)が出席した。




関連写真

  • 『オオカミ少女と黒王子』初日舞台あいさつに出席した山崎賢人 (C)ORICON NewS inc.
  • 『オオカミ少女と黒王子』初日舞台あいさつに出席した菜々緒 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)『オオカミ少女と黒王子』初日舞台あいさつに出席した菜々緒、吉沢亮、門脇麦、山崎賢人、二階堂ふみ、鈴木伸之、池田エライザ、玉城ティナ、廣木隆一監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『オオカミ少女と黒王子』初日舞台あいさつに出席した二階堂ふみ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)『オオカミ少女と黒王子』初日舞台あいさつに出席した菜々緒、吉沢亮、門脇麦、山崎賢人、二階堂ふみ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス