• ホーム
  • 芸能
  • 栗山千明が選ぶ『不機嫌な果実』クズナンバー1は…あの女

栗山千明が選ぶ『不機嫌な果実』クズナンバー1は…あの女

 SNS上で「安定の登場人物全員クズ」「みんなクズでたのしー」「もれなくクズしかいない」と言った書き込みが目につくテレビ朝日系ドラマ『不機嫌な果実』(毎週金曜 後11:15※一部地域を除く)。主演の栗山千明はこうした反響を知り、不機嫌になるどころかむしろご機嫌? 「現時点で一番クズだと思うキャラクター」を自ら語った。

【写真】その他の写真を見る


 約20年前に社会現象となった林真理子氏のベストセラー小説を原作に、結婚生活への不満が募った人妻・水越麻也子(栗山)が、情熱的な音楽評論家・工藤通彦(市原隼人)と“禁断の愛”に溺れていく様を描く大人の濃厚ラブストーリー。栗山が名指ししたクズキャラは、麻也子の夫・航一(稲垣吾郎)と不倫をしている竹田久美(高梨臨)。「自分が麻也子を演じているからというのもあるんですけど、やっぱり久美ですかね(笑)。航ちゃんのことを純粋に好きになってしまっていて、麻也子には会いづらいという感じなら、まだ気持ちも分かるんですけど…。久美は普通に麻也子と接するし、むしろ第5話(27日放送)では麻也子と通彦が会うように仕向けたりもする! 何食わぬ顔をして、陰でヒドいことをするのが、一番リアルで怖いです」。

 そして、もうひとり、“実際に身近にいたら怖い人”として挙げたのが夫の航一。「航ちゃんの場合は下手な愛情表現のひとつでもあるから、憎めない部分もあるんですけど、やっぱりあの監視と束縛は激しすぎて怖いです(苦笑)。携帯チェックも、レシートチェックも、門限も、身体検査も…絶対に無理! 私だったら、家を出ていると思います。そう考えると、麻也子は頑張ってるし、ある意味では“いい人”と言ってもいいかもしれませんね。何と言っても、あの航ちゃんとお義母様(萬田久子)を前に、5年も我慢してきたんですから!」。

 きょう放送の第5話で、航一の妻への監視と束縛はさらにパワーアップ。これまで周囲に流されるままだった麻也子が、通彦との“禁断の愛”に身を投じ、自らの意志で行動を開始。離婚するか否かのカウントダウンが始まる。

  「校則があるから破りたくなるのと同じように、人間は窮屈な状況になればなるほど、自由になりたがるもの。航ちゃんの束縛がより激しくなってくるからこそ余計に、麻也子は癒しの存在である通彦に引かれてしまうんでしょうね。この人と恋愛できれば、本当に自由になれて、気持ちも解放される。そう思ってるんじゃないでしょうか」(栗山)。

 この回は登場人物がスマホで写真やメールを送るシーンが多く、オンエアに合わせて決定的な写真、メールの数々を番組公式ツイッターで公開。ドロドロ愛憎劇を疑似体験できる、期待を“裏切らないリアルタイム写真祭り”を実施する。



関連写真

  • 「登場人物がクズばっかりなのに楽しい!」と話題に(C)テレビ朝日
  • 5月27日放送、テレビ朝日系ドラマ『不機嫌な果実』第5話。通彦(市原隼人)と再会した麻也子(栗山千明)は揺らぐ心を抑えられなくなり、人目のない小屋で激しく求め合うことに(C)テレビ朝日
  • ツイッターのHOTワードランキングで3位に食い込んだ予告文言「裏切りのバーベキュー」(C)テレビ朝日
  • 5月27日放送、テレビ朝日系ドラマ『不機嫌な果実』第5話。通彦(市原隼人)と再会した麻也子(栗山千明)は揺らぐ心を抑えられなくなり、人目のない小屋で激しく求め合うことに(C)テレビ朝日
  • 5月27日放送、テレビ朝日系ドラマ『不機嫌な果実』第5話。通彦(市原隼人)と再会した麻也子(栗山千明)は揺らぐ心を抑えられなくなり、人目のない小屋で激しく求め合うことに(C)テレビ朝日

オリコントピックス