• ホーム
  • 音楽
  • 山本彩、AKBラスト劇場公演に感慨「やってきたことにちゃんと意味があった」

山本彩、AKBラスト劇場公演に感慨「やってきたことにちゃんと意味があった」

 AKB48との兼任解除を発表していたNMB48山本彩が26日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われたチームK『最終ベルが鳴る』公演に出演。この日がAKB48としてのラスト公演となる山本は、最初から最後まで魂のこもったパフォーマンスを披露した。

【写真】その他の写真を見る


 山本はNMB48のキャプテンながら、2014年2月の「AKB48グループ大組閣祭り」にて、AKB48チームKとの兼任が発表。以来約2年3か月、AKB48チームKのメンバーとしても活動してきたが、先月13日にNMB48の同期で創設メンバーの渡辺美優紀の卒業発表を受け、48グループ総合プロデューサーの秋元康氏にAKB48との兼任解除を申し入れたことを発表していた。

 今年に入ってから兼任解除を考えていたという山本は、この日のMCで「兼任をしていると、自分自身の中で、掛け持つことで、完全に余裕がなくなって、周りが見えない部分がありました」と悩みがあったことを吐露。そんな思いの中、渡辺の卒業発表があり、「NMBがこのままでは危ないのかな、というのも考えて、いったん自分はキャプテンでもあるので、ここで整理をしよう、NMBに集中しよう」と、兼任解除を決断した経緯を説明した。

 兼任によって「私に興味を持ってくださる方がいたり、握手会にきてくださる方がいたり、兼任してくれてありがとう、と言ってくださる方がいたり、自分がやってきたことはちゃんと意味があったのかな、間違ってなかったのかな、と思えることができた」と充実ぶりを回想。「チームKが心から好きだし、兼任解除をしてさみしいと思って、すごく居心地がいいチームだったんだなと気づいた」と名残惜しさを感じつつも、「これからはNMB一本になりますが、チームKの魂をNMB48に持って帰って、一から頑張って引っ張っていきたいと思います」と宣言した。

 チームKキャプテンの峯岸みなみは「さや姉は、このチームKを一つ上のステージに連れてきてくれた」と、これまでの山本の貢献に感謝。最後の曲「前しか向かねえ」を披露し、「やりきりました!」と締めくくったが、最後のあいさつでは、タイミングをつかめずグダグダ仕切り直しとなるなど、山本らしい最後となった。



関連写真

  • AKB48として最後の劇場公演を行った山本彩(C)AKS
  • チームKキャプテン・峯岸みなみ(右)が感謝の思いを伝えた(C)AKS
  • AKB48として最後の劇場公演を行った山本彩(C)AKS
  • AKB48として最後の劇場公演を行った山本彩(中央)(C)AKS
  • AKB48劇場チームK「最終ベルが鳴る」公演の様子(C)AKS
  • AKB48劇場チームK「最終ベルが鳴る」公演の様子(C)AKS
  • AKB48劇場チームK「最終ベルが鳴る」公演の様子(C)AKS

オリコントピックス