• ホーム
  • 映画
  • 東京・汐留で『アリスと時間のアート展』開催

東京・汐留で『アリスと時間のアート展』開催

 6年前、想像を超えた映像美でルイス・キャロルの児童小説『不思議の国のアリス』のその後を映画化し、日本をはじめ世界的ブームを巻き起こした『アリス・イン・ワンダーランド』。続編となる『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)を記念して、東京・汐留の日本テレビ2階「日テレホール」で『アリスと時間のアート展』が開催されることが決定した。

 同映画の世界に魅了された各界の著名人やアーティストが“時”や“映画の美しい世界観”にインスパイアされた「時計アート」作品を制作し展示されるほか、映画公開前に一足早く最新作の世界を堪能できるフォトロケなども設けられる。開催は6月4日(土)〜12日(日)、午前11時から午後8時(土日は午前10時〜)。入場料無料。

 最新作は、前作から3年後の物語。亡き父の後を継ぎ、船長として大海原で活躍していたアリス(ミア・ワシコウスカ)は、再びワンダーランドへと誘われる。そこにいたのは悲しい過去に心を奪われ、落ち込むマッドハッター(ジョニー・デップ)。アリスは、大切な友を救うため、時間をさかのぼる冒険に自ら乗り出していく。



関連写真

  • 映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)の公開を記念して、東京・汐留の日本テレビタワー内で『アリスと時間のアート展』が開催(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • ポスタービジュアル(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

オリコントピックス