• ホーム
  • デジタル
  • 『ドラクエ』新宿駅の巨大黒板アートに「かいしんの一撃!」 堀井雄二氏が“ロトのつるぎ”で一掃

『ドラクエ』新宿駅の巨大黒板アートに「かいしんの一撃!」 堀井雄二氏が“ロトのつるぎ”で一掃

 人気ゲームシリーズ『ドラゴンクエスト』の誕生30周年と、最新作『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』の27日の発売を記念して、東京・新宿駅のメトロプロムナードにて、登場キャラクターをチョークで描いた横14メートルの巨大黒板アートが設置されている。多くの話題を集めているなか25日、そのモンスターたちに“かいしんの一撃”がさく裂した。

【写真】その他の写真を見る


 画家・れなれな氏が白チョーク一色で手がけた同黒板アート。制作期間は約1ヶ月で、チョークの濃淡だけで、スライムやおにこんぼうなど数々のモンスターをところ狭しと描いている。ツイッター上で「♯DQH2」を含んだツイートが5000を超えたため、モンスターを退治する同企画が行われた。

 この日は、シリーズの生みの親でもあるゲームデザイナー・堀井雄二氏が来場し、「ロトのつるぎ」に見立てた特製黒板消しでモンスターたちを一掃。観客たちから悲鳴があがると「気持ちいいというより、もったいないという気持ち。なんか僕が悪者みたい」と笑っていた。

 愛情込めて描いたモンスターたちが消され、小さな悲鳴をあげていたれなれな氏だが「堀井さんに消していただけるなら本望です」と笑顔。堀井氏は「すごい手間がかかってる。気の遠くなる作業。本当に素晴らしい」とその腕前を絶賛していた。



関連写真

  • 『ドラクエ』巨大黒板アートに“かいしんの一撃” (C)ORICON NewS inc.
  • 繊細なチョーク使い… (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)黒板アートを手がけた画家・れなれな氏、ゲームデザイナーの堀井雄二氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 新宿駅の『ドラクエ』巨大黒板アート (C)ORICON NewS inc.
  • 新宿駅の『ドラクエ』巨大黒板アートに一太刀を入れた、ゲームデザイナーの堀井雄二氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 新宿駅の『ドラクエ』巨大黒板アートに一太刀を入れた、ゲームデザイナーの堀井雄二氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 新宿駅の『ドラクエ』巨大黒板アート (C)ORICON NewS inc.
  • 新宿駅の『ドラクエ』巨大黒板アート (C)ORICON NewS inc.
  • 新宿駅の『ドラクエ』巨大黒板アートに一太刀を入れた、ゲームデザイナーの堀井雄二氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス