• ホーム
  • 芸能
  • 永作博美、樋口一葉役で5000円札に愛着「人に渡したくない」

永作博美、樋口一葉役で5000円札に愛着「人に渡したくない」

 女優の永作博美が25日、都内で行われた樋口一葉没後120周年記念舞台『頭痛肩こり樋口一葉』製作発表会に出席した。明治の女流作家・樋口一葉を演じる永作は、「私なりの読み方で、突き進めせていただいて、新しいものが作れたらと思います」と意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 1984年に初演された同作は、井上ひさしさんによる人気戯曲でこれまでの上演回数は775回。樋口一葉の19歳から死後2年までの盆に焦点を当て、一葉の母、妹、樋口家を訪ねる女性たちを描くファンタジー作品となっている。

 共演者の若村麻由美熊谷真美愛華みれ、深谷美歩、三田和代はこれまでに同作に出演経験があるが、一座に初参加の永作は「ご迷惑かけないよう必死に走ってついていきたい。一生懸命、井上さんの戯曲を何度も読みたいと思います」とコメント。この日、初めてほかのキャストと顔を合わせたが「楽屋はにぎやかで、まぁこんなにしゃべるのかと。安心して楽しくやれそうですね」とすでに和やかな雰囲気が漂っていた。

 今年4月には舞台に向けて一葉の墓所と記念館を訪れ、役を作り上げているという永作。一葉の顔が描かれた5000円札に愛着が湧いているようで「あんまり人に渡したくない。最近ちょっと5000円札がたまっています」と明かした。

 会見では、一葉の母を演じる三田和代の芸能生活50周年を祝し、ケーキと花束でサプライズのお祝いも。三田は「みんなに負けないよう体を鍛えながら、もうしばらく舞台に立っていたい」と語った。舞台は8月5日から25日まで東京・日比谷シアタークリエで上演され、9月より兵庫、新潟、宮城、山形、滋賀、長崎、愛知を回る。



関連写真

  • 樋口一葉を演じる永作博美 (C)ORICON NewS inc.
  • 三田和代の芸能生活50年を祝ってケーキ&花束が登場 (C)ORICON NewS inc.
  • 出演者一同(左から)井上麻矢氏(こまつ座代表)、愛華みれ、三田和代、永作博美、若村麻由美、熊谷真美、深谷美歩 (C)ORICON NewS inc.
  • 樋口一葉没後120周年記念舞台『頭痛肩こり樋口一葉』製作発表会に出席した樋口一葉役の永作博美 (C)ORICON NewS inc.
  • 樋口一葉没後120周年記念舞台『頭痛肩こり樋口一葉』製作発表会に出席した若村麻由美 (C)ORICON NewS inc.
  • 樋口一葉没後120周年記念舞台『頭痛肩こり樋口一葉』製作発表会に出席した(左から)愛華みれ、若村麻由美、三田和代、永作博美、熊谷真美、深谷美歩 (C)ORICON NewS inc.
  • 樋口一葉没後120周年記念舞台『頭痛肩こり樋口一葉』製作発表会に出席した(左から)三田和代、永作博美 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス