• ホーム
  • 映画
  • アン・ハサウェイ、出産後2ヶ月でスピード復帰 レッドカーペットでWの祝福

アン・ハサウェイ、出産後2ヶ月でスピード復帰 レッドカーペットでWの祝福

 3月24日に第1子男児を出産したばかりの米女優アン・ハサウェイが米ロサンゼルスで現地時間23日、ディズニー映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のUSプレミアに登場。産後2ヶ月でスピード復帰したアンは、ストライプに色とりどりの大きなバラが描かれたタイトなクリストファーケインのドレスに、クリスチャンルブタンのブラックヒールを合わせ、ハリウッド女優としての貫禄を見せつけながら、レッドカーペットを囲む多くの人たちから、作品と子どもの誕生、ダブルの祝福を受けた。

【写真】その他の写真を見る


 2010年に公開され、世界中で大ヒットした『アリス・イン・ワンダーランド』から6年。再びワンダーランドへの扉が開かれる。USプレミアの会場となったハリウッドのエル・キャピタン・シアターの前には深紅のレッドカーペットが敷かれ、今作のキャスト・スタッフ陣を迎えた。

 最初に姿を表したのが、前作に続いて、どこか天然でマイペースな仲間思いの白の女王を演じたアンだった。出産という人生の一大イベントを経験した節目の作品となる今作に、彼女自身、期するものがあるのだろう。

 「今回は親子の絆が描かれているけど、私は家族の絆を常に感じているわ。特に家族の存在が大事と感じる瞬間は、物事がうまくいっていないときね。最後に頼ったりするのは、自分の家族だと思うわ」とコメント。そして、日本のファンへの呼びかけにも「『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』を見てもらえるのがとても楽しみです。前作と同様素晴らしい映像ですし、心に残る作品になっていると思います。応援してもらえるとうれしいです」と笑顔で応じていた。

 レッドカーペットには、新キャラクター、“時間”を司る番人タイムを演じるサシャ・バロン・コーエン、アリス役で主演するミア・ワシコウスカ、奇天烈な“帽子屋”マッドハッター役のジョニー・デップジェームズ・ボビン監督らが次々に登場。主題歌「ジャスト・ライク・ファイア」を歌うP!NKが生バンドを率いてパフォーマンスを披露する演出もあった。会場には5000人ものファンが集まり、世界各国から詰めかけたメディアの数も120を超えるなど、大いに盛り上がったUSプレミア。

 ジョニーは「いつも日本に行くときは、残念ながらマスコミのためだけというのが多かったから、もう少し田舎の方や、京都とかいろんな場所に行ってみたい」と日本再訪に意欲を示していた。

 映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は7月1日より日本で公開される。



関連写真

  • 米ロサンゼルスで開催された映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)USプレミアに来場したアン・ハサウェイ
  • 米ロサンゼルスで開催された映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)USプレミアに集まったキャスト陣(左から)サシャ・バロン・コーエン、ミア・ワシコウスカ、アン・ハサウェイ、ジョニー・デップ
  • 米ロサンゼルスで開催された映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)USプレミアの模様(左から)サシャ・バロン・コーエン、P!NK、ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、アン・ハサウェイ、マット・ルーカス
  • 米ロサンゼルスで開催された映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)USプレミア会場の雑感
  • 米ロサンゼルスで開催された映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)USプレミア会場の雑感
  • 米ロサンゼルスで開催された映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(7月1日公開)USプレミア会場の雑感

オリコントピックス