• ホーム
  • 芸能
  • 欅坂46、早くも連ドラ初主演 センター平手「きっと面白い作品になる」

欅坂46、早くも連ドラ初主演 センター平手「きっと面白い作品になる」

 4月にデビューしたアイドルグループ・欅坂46が、7月よりスタートするテレビ東京系土曜ドラマ24『徳山大五郎を誰が殺したか?』(毎週土曜 深0:20)で連ドラ初主演を飾ることがわかった。メンバー総出演、秋元康氏の企画・原案によるコメディー&学園ミステリー。しばらくの間、担任の“死体”と過ごすことになったイマドキの女子高生たちの一見、自分勝手で残酷な行動、その裏に秘めた素顔を描く。

 舞台は私立欅学園三年C組の教室。登校した途端、担任教師の徳山大五郎の死体を見つけた生徒たちは「まだ生きてるかも?」「人工呼吸とかすれば…」と右往左往。どうにか死体を隠そうと「あそこなら入るんじゃない?」と一人の女生徒が指さした先は、教室のある場所。教室に先生の死体があることを、バレないように必死に隠しながら過ごす奇妙な学校生活が始まる。学園の教師や、担任教師の妻、不倫相手、刑事、記者…毎回誰かが教室を訪れるなか、生徒たちは死体を隠し続けることができるのか、果たして先生を殺したのは誰か…。

 メジャーデビュー曲「サイレントマジョリティー」が女性アーティストのデビューシングル初週売上で新記録を更新するなど、人気急上昇中の同グループ。いきなりの抜てきにセンター・平手友梨奈は「演技にも興味があり、やってみたかったのでドラマの話を聞いたときはすごくうれしかったです!」と喜びを爆発。「一人ひとりの役にしっかりとキャラクターがあるので、きっと面白い作品になると思います!」と胸を張った。

 今泉佑唯は「初めての経験で、表現することの難しさを感じていますが、いつもとは違う私や、いつもとは違う欅坂46を見ていただけたらうれしいです!」と期待をあおり、小林由依は「いつかやってみたいと思っていた全員でのドラマがこんなにも早く実現してすごくうれしいです!観ていて楽しんでいただけるように、頑張りたいです!」と意気込んでいる。

 メンバーが初めてのリハーサルや撮影に挑んでいる姿を「母親のような気持ちで見守る日々が続いています」と語る川村庄子プロデューサーは、「不思議な世界の中でメンバー一人ひとりの個性と魅力を十分に引き出し、普通そうで全く普通じゃない突き抜けたドラマを目指して出演者・スタッフ一同頑張っています。毎週楽しんでいただければ」と呼びかけている。

 また同ドラマはAmazonプライム会員向けの映像配信サービス『Amazon プライム・ビデオ』にて放送1週間前より独占先行配信される。



関連写真

  • 7月よりスタートするテレビ東京系土曜ドラマ24『徳山大五郎を誰が殺したか?』(毎週土曜 深0:20)で連ドラ初主演を飾る欅坂46 (C)テレビ東京
  • 7月よりスタートするテレビ東京系土曜ドラマ24『徳山大五郎を誰が殺したか?』(毎週土曜 深0:20)(C)テレビ東京

オリコントピックス