• ホーム
  • 芸能
  • “宮城出身”サンド・富澤、魚介類嫌いを告白「物心ついた時から…」

“宮城出身”サンド・富澤、魚介類嫌いを告白「物心ついた時から…」

 お笑いコンビ・サンドウィッチマンが24日、都内で行われた仙台放送制作・フジテレビ系列全国ネット番組『サンドの仰天!田舎めぐり みちのくなんじゃこりゃ探検隊』(6月5日 後4:05 )制作発表に出席。ともに宮城出身の同コンビだが、伊達みきおは「富澤は全く魚介類が食べられない。同じ宮城の出身なんですけど頑なに食べない。常に『なんじゃこりゃ』と思ってます」と暴露して、笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 番組では宮城と山形を舞台に、思わず「なんじゃこりゃ!?」と言いたくなるような独特の文化や伝統、モノを通して再発見した日本の良さを紹介。ロケでは魚介類を食べることもあったが、富澤は「僕は『最初から食べれません』と言ってる。そこにオファーしてくるので…」と開き直り。「ナマのものはなかなか…物心ついたときから」と告白したが、「最近は海沿いのロケが多くて、新鮮なものや高いものとか多少食べれるようになった」と明かした。

 会見では宮城名物“ほや”を試食することになると、顔をしかめて苦悶の表情を浮かべる富澤に、伊達は「やめろ、やめろ、そんな顔するな。これを売りにしてるんだから」と呆れ顔。富澤が「大丈夫ではないです…」と訴えると、伊達は「うまいと思う人はたくさんいると思う」とフォローしていた。

 東日本大震災時から復興支援を行ってきたが、熊本での震災について伊達は「もう少し報道してほしい。どんな状況なのか。報道で得る知識しかない。もっと知りたい」と提言。「宮城や岩手、福島から地震があってすぐに熊本に向かった人が何人もいると聞いた。やはり恩返ししたいんでしょうね。すごいな」と感心していた。



関連写真

  • 仙台放送制作・フジテレビ系列全国ネット番組『サンドの仰天!田舎めぐり みちのくなんじゃこりゃ探検隊』制作発表に出席したサンドウィッチマン(左から)伊達みきお、富澤たけし (C)ORICON NewS inc.
  • 魚介類が苦手だという富澤 (C)ORICON NewS inc.
  • 仙台放送制作・フジテレビ系列全国ネット番組『サンドの仰天!田舎めぐり みちのくなんじゃこりゃ探検隊』制作発表に出席したサンドウィッチマン・伊達みきお (C)ORICON NewS inc.
  • 仙台放送制作・フジテレビ系列全国ネット番組『サンドの仰天!田舎めぐり みちのくなんじゃこりゃ探検隊』制作発表に出席したサンドウィッチマン(左から)伊達みきお、富澤たけし (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス