• ホーム
  • 映画
  • 菅田将暉の“ちょっとオタク”な写真公開 映画『二重生活』でゲームデザイナー役

菅田将暉の“ちょっとオタク”な写真公開 映画『二重生活』でゲームデザイナー役

 門脇麦(23)が単独初主演を務める映画『二重生活』(6月25日公開)の新たな場面写真が25日、公開された。共演の菅田将暉(23)が、美少女キャラのイラストに囲まれた“ちょっとオタク”な風貌をみせている。

 同作は、NHK『ラジオ』などのドラマを手掛けた映像作家の岸善幸氏が、直木賞作家・小池真理子氏の同名小説を映画化。ヒロイン・珠(門脇)が見ず知らずの他人を尾行し、いつしか禁断の行為にはまっていくという心理エンターテインメントを描く。菅田は、珠と同棲するゲームデザイナー・卓也を演じている。また、珠に尾行される男に長谷川博己、尾行を勧める謎多き教授にリリー・フランキーなど、多彩なキャストが出演する。

 もともと絵を描いていたが生活のためゲームデザインの仕事をする卓也について、菅田は「最初は嫌々はじめたところもあったと思うんです。でも頑張っていたら、評価されはじめたという過程があって。男としては、その過程を一番見て、褒めてほしいんですよ」と男心を交えて熱弁。さらに、「大好きなものを、違う形で仕事にするつらさ。でもそれを乗り越えて、その道で評価をされるってすごいことだと思います」と役に思いを込めた。



オリコントピックス