• ホーム
  • 芸能
  • 【真田丸】関ヶ原で奮戦する宇喜多秀家、大坂の陣に欠かせない3武将キャスト発表

【真田丸】関ヶ原で奮戦する宇喜多秀家、大坂の陣に欠かせない3武将キャスト発表

 NHK大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の新たな出演者が発表された。

【写真】その他の写真を見る


 豊臣政権五大老の一人、宇喜多秀家(うきた・ひでいえ)には、高橋和也が決定。秀家は、秀吉の死後、反家康を掲げて挙兵。関ヶ原で副大将として奮戦するも、裏切った小早川秀秋の攻撃をまともに受ける。

 本作の脚本家・三谷幸喜氏が描く秀家は「いかなることもおろそかにしない熱血漢! 秀吉への忠義心にあふれ、豊臣家のために何事にも真剣に取り組む」(制作統括・屋敷陽太郎氏)キャラクター。“大坂城の松岡修造”のイメージから高橋の起用が決まったという。高橋も「熱く情熱的に演じます」とやる気まんまんだ。

 ほかに、大坂の陣で豊臣家を主導するが消極策に終始し、主人公・真田信繁(堺雅人)としばしば対立する武将・大野治長(茶々の乳母、大蔵卿局の子)に今井朋彦。土佐を治める大名だったが、関ヶ原の合戦で西軍につき没落した長宗我部盛親に阿南健治。盛親は浪人として大坂の陣に参戦し、信繁と共に大坂五人衆の一角を占める。宇喜多秀家の重臣であるキリシタン武将、明石全登には小林顕作。関ヶ原での勇戦虚しく敗退し、浪人に。豊臣秀頼の使者として、九度山で謹慎中の信繁を大坂城に招く人物でもある。



関連写真

  • 大河ドラマ『真田丸』関ヶ原の戦いで奮闘する宇喜多秀家役に決まった高橋和也(C)NHK
  • 大河ドラマ『真田丸』大坂の陣のキーパーソン大野治長役の今井朋彦
  • 大河ドラマ『真田丸』大坂の陣のキーパーソン長宗我部盛親役の阿南健治
  • 大河ドラマ『真田丸』大坂の陣のキーパーソン明石全登役の小林顕作

オリコントピックス