Raphael、11・1解散ライブ

 ビジュアル系ロックバンド・Raphaelが23日、横浜ベイホールで行われたライブツアー『Raphael Live Tour 2016「癒し小屋」』初日公演終了後、11月1日のZepp Tokyo公演をもって解散することを発表した。

 終演後、会場のスクリーンにはインディーズ時代の作品『49』のミュージックビデオが映しだされ、11月1日のZepp Tokyo公演が解散ライブとなることが告知された。

 1997年に結成、99年7月にメジャーデビューした同バンドは、2000年10月にリーダーでギターの華月さんが急逝し、翌01年1月に活動を休止。13回忌の2012年10月に復活したが、今年4月7日の華月さんの誕生日に行われた17回忌ライブ中、メンバーのYUKITO(B)が年内で音楽活動から引退宣言するとともに、バンドを解散することを発表していた。

 バンドはきょうから全国ツアーをスタートさせ、8ヶ所13公演を開催。その後、10月31日、11月1日にZepp Tokyoで行われる『Raphael Live 2016 「悠久の檜舞台」』をもって解散する。

■Raphael Live 2016 「悠久の檜舞台」
第壱夜 白中夢 2016年10月31日(月)
第弐夜 黒中夢 2016年11月1日(火)
※ともにZepp Tokyo



オリコントピックス