• ホーム
  • 芸能
  • 10年ぶり舞台化『こち亀』 “両さん”ラサール石井のビジュアル公開

10年ぶり舞台化『こち亀』 “両さん”ラサール石井のビジュアル公開

 今年9月に10年ぶり5度目の舞台化となる『こちら葛飾区亀有公演前派出所』(通称:こち亀)のメインビジュアルが23日、公開された。脚本と演出も手がける、両津勘吉役のラサール石井は「かつての舞台『こち亀』チラシと言えばコミックテイストな感じのビジュアルだったかと思いますが、今回は一転アクション映画・ハリウッド映画のようなイメージを提案してみました!」と語っている。

 「こち亀」は1976年より『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の秋本治氏による国民的作品。下町の葛飾区亀有を舞台に、主人公の両津勘吉を中心に様々な時事ネタや流行を取り入れたギャグ漫画で、過去にはテレビアニメ化、実写ドラマ、映画化もされた。99年に初舞台化され、今回で5度目。連載40周年記念として企画された。

 今年9月9日〜19日までAiiA 2.5 Theater Tokyo、23日〜25日は大阪・サンケイホールブリーゼにて上演される。そのほかの出演者は今後、発表される。

■公式サイト
http://kochikame-stage.jp/



オリコントピックス