• ホーム
  • スポーツ
  • 女子バレー、リオ五輪出場決定のイタリア戦 最高視聴率29.8%を記録

女子バレー、リオ五輪出場決定のイタリア戦 最高視聴率29.8%を記録

 バレーボール全日本女子がリオデジャネイロ五輪出場を決めた21日の『リオ五輪バレーボール世界最終予選女子6戦 日本×イタリア』(TBS系)の番組平均視聴率が20.4%、最高視聴率は29.8%にも上っていたことが23日、わかった。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

 番組では、試合開始から試合終了後のインタビュー終わりまで、午後7時17分から10時9分までの約3時間におよぶ熱戦を伝えたが、多くの人がテレビにくぎ付けになっていたことが伺える。

 瞬間最高視聴率29.8%を記録したのは午後9時7分。このシーンは第3セット24対24から迫田さおり選手のバックアタックが決まり、日本がセットポイントを迎え、リオ五輪出場まであと1点に迫った瞬間だった。

 試合は日本がセットカウント2−3で敗れたものの、2セットを奪った時点で勝ち点1を獲得。4位以内が確定し、リオ五輪出場権獲得が決まった。勝ったイタリアも五輪切符を獲得した。

 28日からは、全日本男子の『リオ五輪世界最終予選』が始まる。

■男子試合日程と放送局
5月28日(土)日本×ベネズエラ(TBS)
5月29日(日)日本×中国(フジテレビ)
5月31日(火)日本×ポーランド(TBS)
6月1日(水)日本×イラン(フジテレビ)
6月2日(木)日本×オーストラリア(TBS)
6月4日(土)日本×カナダ(フジテレビ)
6月5日(日)日本×フランス(TBS)
※午後7時から日本戦全試合完全生中継(6月5日のみ後6時30分から)



オリコントピックス