• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木保奈美、女子会シーンで艶やかな着物姿 自らセレクト

鈴木保奈美、女子会シーンで艶やかな着物姿 自らセレクト

 女優の小雪が銀行員役に初挑戦するドラマスペシャル『ゴールドウーマン』(28日放送、後9:00〜11:06)。小雪が扮する主人公・吉沢環の先輩で、ミステリアスな女性管理職・矢島舞を演じる鈴木保奈美が、“女子会シーン”で艶やかな和服姿を披露。自らセレクトしたという薄黄色の訪問着で暴言を吐く男性に啖呵(たんか)を切り、一喝する。

【写真】その他の写真を見る


 原作は昨年『第5回日経小説大賞』を受賞した、芦崎笙氏による小説『スコールの夜』銀行でがむしゃらに働いてきた吉沢環が、巨大組織の悪事に敢然と闘いを挑んでいくストーリー。鈴木は環の先輩で、資金調達部次長という女性総合職の出世頭。女性社員たちの憧れの的という役どころ。

 ここ数年、着物の魅力にハマり、プライベートでも着物好きで知られている鈴木。自身で選んだ着物で登場するのは、勤務する帝都銀行の社員が集う女子会“帝麗会”のシーン。鈴木は「“やさしく頼れる、後輩の女子社員たちから憧れられる先輩”というイメージで、やわらかく品のあるお着物を選びました」と語っている。

 同ドラマには、村上弘明駿河太郎伊武雅刀六角精児、矢野浩二、MEGUMI、山本學、吉行和子らも出演する。



関連写真

  • 鈴木保奈美が『ゴールドウーマン』で自らセレクトした着物を披露 (C)テレビ朝日
  • ドラマスペシャル『ゴールドウーマン』の場面カット (C)テレビ朝日
  • 帝麗会場面写真A

オリコントピックス