歌丸勇退の『笑点』視聴率は27.1%

 落語家の桂歌丸(79)が5代目司会を勇退した日本テレビ系『笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル』が22日放送され、第2部(後6:00〜6:55)の番組平均視聴率が27.1%、第1部(後5:30〜後6:30)が22.7%だったことが23日、明らかになった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同局の人気番組として高視聴率を維持しているが、歌丸の大喜利司会引退が発表された直後の今月1日の放送は20.4%、15日の『笑点50周年記念スペシャル(第2部)』は20.1%と大台を突破。歌丸の最後の晴れ舞台でも有終の美を飾った。

 この日は1966年5月15日の第1回から現メンバーでは唯一の大喜利レギュラーとして出演してきた歌丸のラスト回。2006年より10年にわたって司会を務めてきた歌丸の勇退に伴い、新司会には春風亭昇太(56)が抜てき。歌丸は今後、終身名誉司会者として番組に携わっていく。

 来週29日には生放送を敢行し、昇太の代わりとなる新メンバーを発表。丸50周年を迎えた人気番組が節目を迎え、新たな第一歩を踏み出す。



オリコントピックス