• ホーム
  • 芸能
  • 円楽、『笑点』新司会・昇太に皮肉「ワンポイントだよ」

円楽、『笑点』新司会・昇太に皮肉「ワンポイントだよ」

 落語家の三遊亭円楽(6代目)(66)が22日、日本テレビ系『笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル』生放送後の記者会見に出席。この日の放送で同番組の司会を勇退した桂歌丸(79)の後任最有力として名前があがっていたが、新司会者に春風亭昇太(56)が抜てきされると「ワンポイントだよ」と早くも毒づいた。

 週刊誌の報道やネット投票では、大本命だった円楽だったが“敗戦の弁”を求められると「これは(私を)最後の切り札として取っておくんです。昇太がうまくいかない、視聴率が落ちてきた時が私の出番かなと思っています。歴史がそれを証明しています」とニヤリ。「昇ちゃんが、健康に見えたって孤独死をするかもしれない。だから、これはみんなでもって歌丸師匠が引退をなさった後は支えていこうという気持ちです」とチクリとけん制した。

 歌丸と「ジジイ」「腹黒」と罵り合いながら、番組を盛り上げてきた円楽だが「年上の恋人をなくしたような気持ち。たぶん私は、うちに帰って布団に入ってから、枕を濡らすんでしょうね…」としみじみ。「歌丸師匠を人間国宝にする会」を立ち上げるなど、固い絆で結ばれているが「絶対に守ってくれる師匠で、僕らの先駆として芸をずっと続けてくれている人。相談もできるし、励ましてもくれるし、見つめてくれる。個人的にいえば、私のバックボーンで、大好きなおじいちゃんです」と素直に思いを打ち明けていた。

 『笑点』は、1966年5月15日に放送を開始し、今年で50周年を迎えた。第1回から大喜利メンバーとして出演を続けてきた歌丸は、2006年5月21日の放送回から三遊亭円楽(5代目)の勇退を受けて、司会者に就任。きょうの生放送をもって大喜利司会を勇退し、今後も終身名誉司会者として番組にたずさわっていく。

 会見にはそのほか、林家木久扇(78)、三遊亭好楽(69)、三遊亭小遊三(69)、林家たい平(51)、山田隆夫(59)も出席した。

■『笑点』司会者と担当時期
初代:立川談志 1966年5月〜69年11月
2代目:前田武彦 1969年11月〜70年12月
3代目:三波伸介 1970年12月〜82年12月
4代目:三遊亭円楽(5代目) 1983年1月〜2006年5月
5代目:桂歌丸 2006年5月〜2016年5月
6代目:春風亭昇太 2016年5月〜



関連写真

  • 日本テレビ系『笑点』大喜利メンバーの三遊亭円楽(6代目)は最後の切り札? (C)ORICON NewS inc.
  • 5月22日時点での日本テレビ系『笑点』メンバー(前列左から)林家木久扇、桂歌丸、春風亭昇太、三遊亭好楽(後列左から)林家たい平、三遊亭小遊三、三遊亭円楽(6代目)、山田隆夫(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス