• ホーム
  • 芸能
  • 春風亭昇太、消去法で司会起用も奮起「のびのびとやっていく」

春風亭昇太、消去法で司会起用も奮起「のびのびとやっていく」

 落語家の春風亭昇太(56)が22日、日本テレビ系『笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル』生放送後の記者会見に出席。落語家の桂歌丸(79)からバトンを引き継ぎ、同番組の新司会者に就任する昇太だが、中村博行プロデューサーから半ば“消去法”で司会に起用されたことを打ち明けられ、「消去法なんですか?」と目を丸くした。

【写真】その他の写真を見る


 同プロデューサーは、昇太以外のメンバーのキャラが立っていることを説明すると「そういえば、1人いたな…となりまして、若手大喜利もやっていたから、まぁいいかということで…」と起用理由を冗談交じりに告白。若返りを図るために大胆な抜てきとなったが、歌丸は「明るさと若さで番組を引っ張って」とエールを送った。

 2月に司会の打診を受けたという昇太は「最初は、ドッキリだと思って、周りにカメラがないか探しました。でも、見つからなかったので真剣に考えないといけないなと思いました」と当時の状況を回顧。「歌丸師匠の後ということで、落語家で『やったー』と思っている人はいない。大変なことが待ってると思うんですけど、消去法で選ばれて、気が楽になりましたのでのびのびとやっていきたいと思います」と奮起を誓っていた。

 『笑点』は、1966年5月15日に放送を開始し、今年で50周年を迎えた。第1回から大喜利メンバーとして出演を続けてきた歌丸は、2006年5月21日の放送回から5代目三遊亭円楽の勇退を受けて、司会者に就任。きょうの生放送をもって大喜利司会を勇退し、今後は終身名誉司会者として番組にたずさわっていく。

 会見にはそのほか、林家木久扇(78)、三遊亭好楽(69)、三遊亭小遊三(69)、三遊亭円楽(6代目)(66)、林家たい平(51)、山田隆夫(59)も出席した。昇太司会第1弾は29日に生放送され、その場で新メンバーもお披露目となる。

■『笑点』司会者と担当時期
初代:立川談志 1966年5月〜69年11月
2代目:前田武彦 1969年11月〜70年12月
3代目:三波伸介 1970年12月〜82年12月
4代目:三遊亭円楽(5代目) 1983年1月〜2006年5月
5代目:桂歌丸 2006年5月〜2016年5月
6代目:春風亭昇太 2016年5月〜



関連写真

  • 日本テレビ系『笑点』大喜利司会者が桂歌丸(左)から春風亭昇太にバトンタッチ (C)ORICON NewS inc.
  • 日本テレビ系『笑点』終身名誉司会者に就任する桂歌丸
  • 日本テレビ系『笑点』メンバーの林家木久扇
  • 日本テレビ系『笑点』新司会者の春風亭昇太
  • 日本テレビ系『笑点』メンバーの三遊亭好楽
  • 日本テレビ系『笑点』メンバーの三遊亭小遊三
  • 日本テレビ系『笑点』メンバーの三遊亭円楽(6代目)
  • 日本テレビ系『笑点』メンバーの林家たい平
  • 日本テレビ系『笑点』メンバーの山田隆夫
  • 5月22日時点での日本テレビ系『笑点』メンバー(前列左から)林家木久扇、桂歌丸、春風亭昇太、三遊亭好楽(後列左から)林家たい平、三遊亭小遊三、三遊亭円楽(6代目)、山田隆夫(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス