『笑点』6代目新司会は春風亭昇太

 日本テレビ系演芸番組『笑点』の6代目となる新司会に春風亭昇太(56)が決定した。22日に放送された『笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル』内でこの日の放送をもって司会を勇退する桂歌丸(79)から発表された。

 通常より放送時間を1時間拡大し、後半の約30分、大喜利コーナーを生放送。解答者時代から50年間、出演してきた大喜利コーナーを終えた歌丸は「私の一つの大きな思い出になると思います」とコメント。同局の桝太一アナウンサーに促され、新司会者として、「昇太さんお願いします」と名前を呼んだ。

 会場からは「えぇ〜」という驚きの声も漏れ聞こえ、ほかの大喜利メンバーからは「ワンポイントだから」と野次も飛んだが、昇太は「えぇ〜と思いました。歌丸師匠の後でプレッシャーもありますが、一生懸命やりたいと思います」と意気込み。

 歌丸は「きょうまでのことはすっかり忘れて、昇太さんなりの『笑点』の司会をやってもらいたいと思います」とエールを送っていた。
 
 昇太は1982年、春風亭柳昇に入門。前座名は昇八(しょうはち)。86年、二ツ目昇進で春風亭昇太となる。92年、席亭推薦による抜てきで真打昇進。第55回文化庁芸術祭(2000年度)演芸部門大賞の受賞歴がある。

 『笑点』には、06年5月より歌丸の司会者就任に伴う欠員補充でレギュラーに加入。歌丸の休演時に大喜利の司会を務めたこともある。レギュラー司会としての初登場は29日。生放送を敢行し、その場で新メンバーもお披露目となる。

■『笑点』司会者と担当時期
初代:立川談志 1966年5月〜69年11月
2代目:前田武彦 1969年11月〜70年12月
3代目:三波伸介 1970年12月〜82年12月
4代目:三遊亭円楽(5代目) 1983年1月〜2006年5月
5代目:桂歌丸 2006年5月〜2016年5月
6代目:春風亭昇太 2016年5月〜



オリコントピックス