• ホーム
  • 音楽
  • 小西真奈美、ラップで歌手デビュー KREVA絶賛の美声

小西真奈美、ラップで歌手デビュー KREVA絶賛の美声

 女優・小西真奈美が、5月23日にラップ曲で歌手デビューする。2008年に映画『Sweet Rain 死神の精度』の役名・藤木一恵名義で主題歌「Sunny Day」(08年3月発売、最高位10位)を発表しているが、本人名義のリリースは初となる。

 デビュー曲は、KREVAが2014年に発売したシングル「トランキライザー」のカバー。3月から4月にかけ、全編KREVAの楽曲で構成された音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』でも披露し、KREVAが絶賛したやわらかな美声でデビューする。

 小西は「いまだラップの定義がわかっていない私ですが、楽曲に対する想いは、ファンの皆様と同じくらいあるつもりでいます。“感じるままに歌ってみたらこうなりました。”という私なりの表現方法を楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントしている。

 同曲はiTunes Storeで23日から先行配信スタート。トリビュートアルバム『monday night studio session』(6月8日発売)にも収録される。配信用のジャケット写真の撮影は、これがカメラマンデビューとなるKREVAが担当した。「トランキライザー〜single ver.〜」「同〜album ver.〜」がセットになった「アルバム(2曲パッケージ版)」をダウンロードすると、ジャケットの別カットとなる「KREVA 初撮り下ろし 小西真奈美デジタルフォトブック」の特典が付く。

 小西は6月26日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催されるイベント『elements night 〜sunday night session〜』で同曲をライブ初披露。同イベントにはKREVA、KICK THE CAN CREWらも出演する。



関連写真

  • KREVAのカバー曲で歌手デビューする小西真奈美
  • ジャケット写真はKREVAが撮り下ろし
  • 6月26日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催されるイベント『elements night 〜sunday night session〜』

オリコントピックス