• ホーム
  • 芸能
  • 関根勤、心臓病の手術を受けていた 健診ロケで発見

関根勤、心臓病の手術を受けていた 健診ロケで発見

 タレントの関根勤(62)が、心臓病の手術を受けていたことが21日、わかった。MBS・TBS系『サタデープラス』の次週予告で発表された。28日の放送に本人が生出演し、術後の経過などを報告する。

 関根は、同番組の健康診断ロケに参加した際、心臓に命にかかわる重大な疾患が見つかり、医師からは「いつ倒れてもおかしくない状態」と告げられた。「孫が成人する82歳まで生きていたい」という関根は、手術を受けることを決断。番組では問題発覚から手術を受ける日までの30日間に密着した。

 手術は成功し、術後、小堺一機(60)のもとには冗談混じりのメールが届き、「いたって元気」だという。来週の生放送で本人の口から一部始終が語られる。



オリコントピックス