• ホーム
  • 音楽
  • ゲス川谷 今度はパンダの着ぐるみで深々お辞儀

ゲス川谷 今度はパンダの着ぐるみで深々お辞儀

 ロックバンド・ゲスの極み乙女。が、東京・江東区立若洲公園で開催中の野外ロックフェス『METROCK 2016』に出演。あいにくの雨模様のなか、多くの観客に向けて、「ロマンスがありあまる」「両成敗でいいじゃない」など全10曲を披露した。

 赤の衣装で登場したゲスの極み乙女。は、まず「キラーボール」でスタート。「私以外私じゃないの」などのヒット曲を演奏し、終盤にはボーカルの川谷絵音がパンダの着ぐるみに身を包んで登場した。

 先週行われた同フェスの大阪公演では、ウサギの着ぐるみを着て登場したことが話題になった川谷。今回のステージでMCは一切行わなかったが、パンダ姿でマイクを持った途端に「パンダの着ぐるみのせいで目が隠れる」と発言。ウサギの話題を踏まえてか「きょうはAbema TVが(中継に)入っているから。ウサギをやめたわけじゃないからな!」と叫んでいた。

 途中、雨に見舞われることもあったが、「ドレスを脱げ」で締めくくったライブでは、おおいに会場のファンを盛り上げた。ステージでは、メンバー4人が全員で肩を組み、観客に向けてかなり長い時間、頭を下げる場面もあった。



オリコントピックス