• ホーム
  • 芸能
  • 【真田丸】大泉洋の病弱妻・長野里美「私が出るパートは箸休め」

【真田丸】大泉洋の病弱妻・長野里美「私が出るパートは箸休め」

 主人公・真田信繁を演じる堺雅人をはじめ、草刈正雄大泉洋竹内結子らいわゆる“三谷組”の俳優たちが持ち味を発揮しまくって、視聴率も好調のNHK大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。大泉演じる信幸の病弱な妻・おこうを演じている長野里美(54)も脚本を手がける三谷幸喜氏作・演出の舞台『君となら』に出演した経験がある。

【写真】その他の写真を見る


 長野によると「三谷さんから『大河、出ますか?』と聞かれ、『もちろん、出ます』と応えたら、しばらくして『(配役の決定権がある)プロデューサーにおこう役は長野さんにしかできないと推しておきましたから』と話があった」といい、めでたく大河ドラマ初出演と相成った。

 おこうは武田軍が織田・徳川連合軍と戦った長篠の戦いで戦死した真田幸綱の長男・信綱の娘で、信幸とはいとこ同士。実在した人物である。ただ、体が弱く奥の部屋で伏していることが多いというのは、三谷氏の創作。第3回「策略」で初登場したシーンで咳き込む芝居が、さながら「志村けんの病弱な芸者みたい」と話題になった。その後も、手が震えてご飯がよそえなかったり、信繁と梅(黒木華)の間に生まれた赤ちゃんを一人だけ抱かせてもらえなかったり。第11回「祝言」で披露した真田名物・雁金踊りも実に滑稽だった。

 「真田家の役に立ちたいという思いはことのほか強いおこうですが、病弱というのは、後に信幸の正室となる小松姫(稲)との対比から思いつかれたんじゃないかと思います。負のオーラを撒き散らしながらも、憎めない、チャーミングな女性を演じてくださいという三谷さんの要望を聞いて最初は戸惑いました。台本を読んで、私が出るパートは箸休め的なコメディーなんだというのは十分、伝わってきましたし。ネットに『志村けんさんのコントみたい』という反響を見たときはうれしいような恥ずかしいような…」(長野)。

 長野は早稲田大学在学中から鴻上尚史氏率いる劇団「第三舞台」に参加。小劇場ブームの中で鍛え上げた演技力で、三谷氏の「長野さんにしかできない」という期待に応えている。

 そんなおこうがピンチだ。15日放送の第19回「恋路」で信幸は徳川家の重臣・本多忠勝(藤岡弘、)の娘・稲(吉田羊)を正室に迎えるため、おこうを離縁することを容認したのだ。

 「実は、おこうは離縁されて終わりではないんです(笑)。実在したということがわかっているだけの女性をすごく膨らませていただいて。おこうを演じることができて役者としてうれしく思います。棚から牡丹餅のような三谷さんの愛を感じます」(長野)。

 おこうのターニングポイントが描かれる第20回「前兆」は22日放送。



関連写真

  • 大河ドラマ『真田丸』真田昌幸(草刈正雄)の長男・信幸(大泉洋)の妻おこうを演じる長野里美。病弱キャラで話題に(C)NHK
  • 第20回「前兆」より。信幸の帰りを笑顔で出迎えたおこうだったが…(C)NHK
  • 第3回、初登場時のおこうが咳き込むシーンが話題に(C)NHK
  • 大河ドラマ『真田丸』第3回「策略」、初登場時のワンシーンでおこうというキャラクターを強烈に印象づけた長野里美(C)NHK
  • 大河ドラマ『真田丸』第3回「策略」、初登場時のワンシーンでおこうというキャラクターを強烈に印象づけた長野里美(C)NHK
  • 大河ドラマ『真田丸』第3回「策略」、初登場時のワンシーンでおこうというキャラクターを強烈に印象づけた長野里美(C)NHK
  • 大河ドラマ『真田丸』第11回「祝言」、信繁と梅の祝言で大活躍したおこう(長野里美)(C)NHK
  • 大河ドラマ『真田丸』おこう(長野里美)
  • 大河ドラマ『真田丸』第20回「前兆」、信幸の帰りを笑顔で出迎えたおこう(長野里美)だったが…(C)NHK
  • 大河ドラマ『真田丸』第20回「前兆」、徳川家の重臣・本多忠勝(藤岡弘、)の娘・稲(吉田羊)を信幸(大泉洋)の正室に迎えるため、おこう(長野里美)を離縁することが告げられる(C)NHK
  • 大河ドラマ『真田丸』第20回「前兆」、おこう(長野里美)に言葉をかける姑(昌幸の妻)・薫(高畑淳子)(C)NHK
  • 大河ドラマ『真田丸』第20回「前兆」、おこう(長野里美)との別れを惜しむ昌幸の母・とり(草笛光子)、昌幸の妻・薫(高畑淳子)(C)NHK

オリコントピックス