• ホーム
  • 映画
  • 菅田将暉、小松菜奈の「嫌い」発言に焦る

菅田将暉、小松菜奈の「嫌い」発言に焦る

 俳優の菅田将暉、女優の小松菜奈が21日、都内で行われた映画『ディストラクション・ベイビーズ』の初日舞台あいさつに出席した。青年2人の物語を軸に、若者の欲望と狂気を描いた群像劇。キャバクラ嬢役を演じた小松は、菅田から暴力を振るわれるシーンなどにも体当たりで熱演した。

【写真】その他の写真を見る


 作品が封切りとなり、暴力シーンに話が及ぶと、小松は「本当に痛かった」と本音を漏らしつつも「(菅田に)気を遣ってほしくなかった。いい意味で遠慮しないで全力でやれた関係性はすごくよかった」と手応え十分。菅田は「普通、女優さんってなかなか体張れないもの」と女優魂に感服し「やるほうもやられるほうも大変だったね」とねぎらった。

 撮影での充実感を語る一方、小松は「菅田さんのことが嫌いでした。現場で。今だから言えること」と本音をポツリ。「役というのもあって、ただただ暴力を振るわれて…。(菅田演じる)裕也も嫌いになって、菅田さんまで嫌いになっちゃった」と笑いながら明かした。

 まさかの発言に慌てた様子の菅田だったが「じゃあ笑顔で話せるようになって、よかったね」とほほ笑みかけると、小松も「よかったです!」と和気あいあいとした雰囲気に。しかし司会から「もう大丈夫なんですね?」との追及され、小松が「…大丈夫です」と少し言葉に詰まると「おい、間があったぞ!」とすかさず突っ込みを入れ、笑わせていた。

 舞台あいさつには主演の柳楽優弥村上虹郎真利子哲也監督も出席。柳楽は「才能あふれる、魅力あふれるキャスト、スタッフさんと一つの作品を作り上げて感動しています」と語り、「本当に刺激的でした。ずっとこんな(怖い)顔をしていたので町の人に絡まれないか怖かったけど、撮影をしていて楽しかったです」と振り返った。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 映画『ディストラクション・ベイビーズ』の初日舞台あいさつに出席した(左から)小松菜奈、柳楽優弥、菅田将暉 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ディストラクション・ベイビーズ』の初日舞台あいさつに出席した(左から)真利子哲也監督、小松菜奈、柳楽優弥、菅田将暉、村上虹郎
  • 映画『ディストラクション・ベイビーズ』の初日舞台あいさつに出席した(左から)小松菜奈、柳楽優弥、菅田将暉、村上虹郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス