• ホーム
  • 映画
  • 阿部寛、初カンヌ喝采「夢のよう」 樹木希林は「婆さんが行くところでは…」

阿部寛、初カンヌ喝采「夢のよう」 樹木希林は「婆さんが行くところでは…」

 俳優の阿部寛が21日、都内で行われた映画『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督)初日舞台あいさつに出席した。日本時間19日に、世界三大映画祭のフランス・カンヌ映画祭に初参加し、喝采を浴びた阿部は「まるで夢のような体験でした」としみじみ。「3日間があっという間に過ぎた。あの経験は一生忘れない」と喜びをかみ締めた。

【写真】その他の写真を見る


 同じ是枝監督が手がけた『そして父になる』に続き、2回目のカンヌを経験した真木よう子は「すごく有名なモデルさんが普通に歩いていたり、映画が好きな人がたくさん来ていた」と感激。一方で、樹木希林は「ばあさんが行くところではない」ときっぱり。振り袖でレッドカーペットを歩いたが「あれは着るものがなくて。20年前に娘が結婚式をした時の古着。その時も古着だったけど余計に古着になっちゃった」と“希林節”で笑わせた。

 カンヌ上映後には、7分間にも及ぶスタンディングオベーションが起こるなど大喝采。阿部が「もっといたかったけど希林さんが『いい加減に帰りましょう』と言ったので泣く泣く帰りました」と残念そうに振り返ると「恥ずかしい。あれに耐えるというのはなかなか…いないんじゃないでしょうか」とぶっちゃけていた。



関連写真

  • 初カンヌの体験を報告した阿部寛 (C)ORICON NewS inc.
  • 樹木希林とパネルの是枝裕和監督(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督)初日舞台あいさつ
  • 映画『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督)初日舞台あいさつに出席した真木よう子

オリコントピックス