• ホーム
  • 音楽
  • 長瀬智也らバンド“地獄図”、日帰りフェス参戦 神木「サカナクションを観に…」

長瀬智也らバンド“地獄図”、日帰りフェス参戦 神木「サカナクションを観に…」

 TOKIO長瀬智也が21日、主演映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(6月25日公開)の劇中バンド「地獄図(ヘルズ)」として、東京・江東区立若洲公園で開催中の野外ロックフェス『METROCK』に登場した。

 オープニングアクトを務めた地獄専属ロックバンド・地獄図は、映画を飛び出して現世に降臨。ボーカル兼ギターのキラーK(長瀬)、ドラムのCOZY(桐谷健太)、ベースの邪子(清野菜名)は鬼の特殊メイク、ギターの関大助(神木隆之介)は学生服と役柄のまま登場すると、約1万人の観客で埋め尽くされた会場がいきなりヒートアップした。

 長瀬が「地獄へようこそ!」と絶叫すると、映画の主題歌「TOO YOUNG TO DIE!」を演奏。間奏中に長瀬が「きょうはメトロックを盛り上げるために、地獄から日帰りでやってきたぜ! 俺様がボーカル&ギターのキラーKだ!」と自己紹介すると、メンバーは「逃走中のバイクで事故って“トゥーヤングトゥーダイ”!」(桐谷)、「親からもらった大事な体に、“いいちこ”と“ハイライト(たばこの銘柄)”のタトゥー入れちゃいました!彼氏に刺されて“トゥーヤングトゥーダイ”!」(清野)とそれぞれ劇中で地獄に落ちた理由を叫んで盛り上げた。

 清野がヘッドバンギング、桐谷が機敏な“エアードラム”で沸かせる一方、新メンバーとして紹介された神木だけは、「あ、皆さん関大助です。17歳です。僕、きょうはサカナクションを観に来まして…。あ、高橋優さんも好きなんですけど。会場の移動とかがうまくできればと思ってます」と“フツーの高校生”役らしいあいさつ。さらに「ぶっちゃけ、映画の宣伝で来ちゃいました! 映画は6月25日公開です! 6月25日公開ですよ!」と連呼し、場内は笑いに包まれた。

 演奏を終えた長瀬は「サンキュー、メトロック! お前ら、地獄の映画館で会おう!」と威勢よく締めくくり、最後まで“地獄図”を演じきった。



関連写真

  • 関大助(G)役の神木隆之介
  • COZY(Dr)役の桐谷健太
  • 邪子(B)役の清野菜名

オリコントピックス